« 「水曜どうでしょう」藤村ディレクター 「日経ビジネスアソシエ」増刊で仕事を語る | トップページ | 新潟駅南けやき通りで今年も「光のページェント」 »

2006/12/15

時代劇専門チャンネルでTV版「蝉しぐれ」と内野さんインタビュー放映中

今年の大河ドラマ「功名が辻」も終わり、いよいよ年明けには内野聖陽さん主演の「風林火山」がスタートします。
それを受けてか、時代劇専門チャンネルで特集「映像で綴る藤沢周平の世界」を企画。内野さん主演の「蝉しぐれ」 他二作品を放映しますが、併せて「「蝉しぐれ」放送記念 内野聖陽ロングインタビュー」が。

「蝉しぐれ」撮影時の話や「風林火山」についてなど、35分のロングインタビューは見ていて楽しめました。ご本人は「インタビューは苦手だから、何か芝居させてよ」なんて最後に言ってましたが、なかなかどうして。

今後の放映予定は下記の通りです。

2006年12月17日(日) 07:00
2006年12月18日(月) 27:00
2006年12月23日(土) 09:00

また、「蝉しぐれ」も18日より放映スタート。月曜~金曜 あさ9:00/よる9:00というスケジュールのようですが、2007年1月1日(月・元日)18:00から全7話一挙放送もある模様。こちらでまとめて録画、というのもありですね。

内野さんの見事な殺陣、所作が美しい着物姿が見どころの「蝉しぐれ」。まだの方はぜひこちらを見てから「風林火山」をご覧ください。なにせ「異形の軍師」役のようなので。

ちょうど今日、NHK大阪放送局で記者会見があったようです。

NHK大河「風林火山」の内野聖陽が会見(nikkansports.com:2006/12/15)

収録は第11話まで進み「勘助はどんな苦境に身を置いても『俺はいけるぞ』というスピリットを持つ男」と話す内野の顔は真っ黒だった。

公式サイトもオープンして、いよいよ気持ちが盛り上がってきます。初回1月7日は拡大版の60分放映。内野版時代劇、とくと見せていただきましょう。


蝉しぐれ
蝉しぐれ
posted with amazlet on 06.12.15
NHKエンタープライズ (2004/02/20)
売り上げランキング: 621
おすすめ度の平均: 5.0
5 涙が止まらない!!
5 「金賞」受賞作品にふさわしい名作
5 第一級の映像作品



NHK大河ドラマ 風林火山〈1〉風の巻
井上 靖 大森 寿美男
日本放送出版協会
売り上げランキング: 24516

|

« 「水曜どうでしょう」藤村ディレクター 「日経ビジネスアソシエ」増刊で仕事を語る | トップページ | 新潟駅南けやき通りで今年も「光のページェント」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/13081865

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇専門チャンネルでTV版「蝉しぐれ」と内野さんインタビュー放映中:

« 「水曜どうでしょう」藤村ディレクター 「日経ビジネスアソシエ」増刊で仕事を語る | トップページ | 新潟駅南けやき通りで今年も「光のページェント」 »