« COMIC 「蔵人 クロード」第一巻&第二巻 尾瀬あきら | トップページ | 京都・ひさご寿しさんの「蒸しずし」 »

2006/12/25

京都で買ってきたお漬物がおいしすぎて

Senmai_shiba1京都に行くといつも立ち寄るお漬物やさんが「ニシダや」さん。
はずせない定番品は「おらが村漬け」という名のしば漬け。今回は冬ということもあって「千枚漬け」にも初挑戦。購入してまいりました。

Tsukemonoさて、ご飯を作るのが少し遅くなり、ぺこぺこのお腹にちょっと入れようか、と千枚漬けとしば漬けをつまんでみたところ。

やめられない止まらない。

千枚漬けをコリッ。
しば漬けをポリッ。

千枚漬けの甘味をしば漬けのすっぱさで消しながら。

コリッ。←千枚漬け
ポリッ。←しば漬け(以下同様)
コリッ。
ポリッ。
コリッ。
ポリッ。

あ~止まんない止まんない、やばすぎです。
あっと言う間になくなっちゃいそう。特にしば漬けの消費の勢いは恐ろしく、もっといっぱい買ってくればよかった、と激しく後悔。

千枚漬けは麻生圭子さんの「京都がくれた「小さな生活」。」で「ごはんをくるっと巻いて食べたら、地元の方に『そんなもったいない食べ方するなんて。8等分に切って食べるものなのに』とたしなめられた。でも実はロースハムを重ねてくるっと巻いて食べたりしています」というようなことを書かれていて、冬になったら食べてみたいなあ、とかねてから思っていたのでした。そこに加えてiza!の「晴れ、ときどきKYOTO Life」の山上記者のエントリ「千枚漬」まで読んだ日には、もう買わずにいられようか、となったわけでして。

ちなみに上の写真でも8等分ではなく4等分に切ってます。地元の方に見られたら「そんなもったいない食べ方するなんて」と私も怒られてしまうかも。

ニシダや」さんは京都出身の友人に教えてもらったお店で、四条や錦、祇園などの中心街から離れた今熊野なんていうちょっと不便な(それでも市バスで充分行けるのですが)場所にあるにもかかわらず、しば漬けの味が忘れられずに毎回足を運んでいます。いつもそこに季節のものを併せて買ってくるのが自分的お約束でして。
買い物が終わってバス停でバスを待つ時に、すぐ目の前に見える東山に京都をしみじみ感じるのも、また楽しいひとときです。

次に行った時はしば漬けと一緒に何を買おうかな。

京都がくれた「小さな生活」。
麻生 圭子
集英社
売り上げランキング: 153032

京とうふ・京ゆば・京みそ
京都新聞出版センター
京都新聞出版センター
売り上げランキング: 712636

|

« COMIC 「蔵人 クロード」第一巻&第二巻 尾瀬あきら | トップページ | 京都・ひさご寿しさんの「蒸しずし」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「ショッピング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/13200957

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で買ってきたお漬物がおいしすぎて:

» 千枚漬 [晴れ、ときどきKYOTO Life]
□ 千枚漬 at 京都あちこち  うー、さぶ。冷え込んだ1日でしたね。前日のあったかいかっこのまま、泊まり明けで会社を出たとたん、引き返してしまいましたよ。あかん。寒いの苦手です。  さて、7日付夕刊の1面は、京都の冬の風物詩「千枚漬のつけこみピーク」でした。何度か取材に行きましたが、不思議なことに、この取材の前後から、京都も寒さが本格化。うまいことできてますね。  「千枚漬」。うちでは好き嫌いが別れるのですが、私は昔から好きでよく食べます。「大安」や「西利」が有名かなあ。あと、「近為」、「川勝総本... [続きを読む]

受信: 2006/12/29 03:35

« COMIC 「蔵人 クロード」第一巻&第二巻 尾瀬あきら | トップページ | 京都・ひさご寿しさんの「蒸しずし」 »