« いちじくの甘露煮 | トップページ | 大阪・名古屋でも六花亭製品勢揃い »

2006/10/15

大泉さん DSソフト「レイトン教授と不思議な町」で声の出演

今度はゲームの声の出演です。しかも主人公。
声優・大泉洋、すっかりひっぱりだこですね。

ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と不思議な町」2007年2月15日(木)発売!!大泉出演(声の出演) (OFFICE CUE INFORMATION:2006/10/13)

どんなゲームなのかは、デジタルARENA記事「あの「ドラクエ」を開発したレベルファイブがDS専用ソフト『レイトン教授と不思議な町』を発表」に詳しく書いてあったので、そちらから引用。

 ジャンルはナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー。“不思議の町”で発生した殺人事件を解決するために、主人公である考古学者のレイトン教授と助手のルーク少年が、町の住人から出される数々のナゾを解き明かし、真相に迫っていくというストーリーだ。

 本ソフトの大きな特徴は、ゲーム進行の要となる“ナゾ”が、大ベストセラー『頭の体操』の著者である千葉大学名誉教授の多湖輝氏が監修・制作しているところ。つまり、ここ最近の売れ筋である『脳トレ』系の要素を持つわけだ。計算や選択のパズルだけではなく、マッチ棒や天秤を使ったパズルなどもあり、子供から大人まで楽しめる内容となっている。

 声優についても話題を呼びそうだ。レイトン教授には映画『ブレイブストーリー』でキ・キーマ役を務めた大泉洋を起用。一方、ルーク少年は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の星野六子役で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、大きな注目を集めた堀北真希が声優に初挑戦する。


頭の体操」懐かしいですね。年齢を問わず楽しめる「脳トレ」アドベンチャー、ということでしょうか。しかも主人公のレイトン教授が大泉さんの声というわけで、ファンの方はこのためだけにDSを買ってしまうということも充分ありえます。

かく言う私はゲームはまったく興味の関心外で、当然DSもDS Liteも持ってなく、正直困っているところです。
発売日まではまだ間があるので、のんびり悩んでみましょうか。

関連リンク:
「レイトン教授と不思議な町」公式サイト

レベルファイブ、パブリッシャー事業を開始 第1弾は“ナゾトキ”アドベンチャー、DS「レイトン教授と不思議な町」(GAME Watch:2006/10/11)

ゲーム史上最大のナゾに挑む――レベルファイブ新作ソフト発表会で新たな事業展開も(ITmedia + D Game:2006/10/11)


頭の体操 第5集
頭の体操 第5集
posted with amazlet on 06.10.15
多湖 輝
光文社

|

« いちじくの甘露煮 | トップページ | 大阪・名古屋でも六花亭製品勢揃い »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

「頭の体操」、愛読書でした。家には第1巻からずらっと揃っていて、小さい頃夢中になって読んだ記憶があります。
私もゲームには全く興味がないのですが、大泉さんの声を聞きたいがために、DS買ってしまいそうです・・・。

投稿: Hiro | 2006/10/17 20:04

>Hiroさん
「頭の体操」、一世を風靡したベストセラーでしたね。と言いつつ私は実は読んでいないんですが。
発売日が近くなると、DS欲しくなってしまうかもしれません。うーん、あぶない。

投稿: くりおね | 2006/10/19 23:58

レイトン教授シリーズの第2弾が11月発売です。
きっとまた予約して買っちゃうと思います。http://www.layton.jp/akuma/

投稿: Hiro | 2007/08/30 22:42

>Hiroさん
お知らせありがとうございます。
遅ればせながらエントリをアップしました。
またヒットになるとうれしいですね。

投稿: くりおね | 2007/08/31 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/12290449

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉さん DSソフト「レイトン教授と不思議な町」で声の出演:

« いちじくの甘露煮 | トップページ | 大阪・名古屋でも六花亭製品勢揃い »