« 秋の新潟ならではの「うんめもん」・カキノモト | トップページ | NHK-FM「私の名盤コレクション」鈴井さん出演分の再放送 »

2006/10/07

COMIC 「働きマン」第三巻 安野モヨコ

ようやく発売になった「働きマン」第三巻。書店で並んだ瞬間に手に取ってレジに向かう気合の入りように自分でもびっくり。
安野さんが公式サイトの日記で「大幅に修正と加筆をし、モーニング掲載時よりもさらに厚みのある濃い中味になってますのでお楽しみに!!」と書かれていたので、待った甲斐のある内容になっているんだろうと期待もふくらむ。

※以下内容に触れてますので、未読の方はご注意を。

表紙の少々物憂げなヒロの表情に「・・・秋?」とか思っていたら、そういうことだったのかと。
ふられたあと涙ぼろぼろで原稿を書き、「こんなちぎれそうになって なんで私は働いてるのかな」とつぶやくヒロの言葉があまりにも痛い。働く女子の失恋現場としてリアルすぎ。
でも別れの痛みを結局は仕事で乗り切ってしまうヒロの姿がちょっと悲しくもあり、やっぱりなあ、と納得感もあり。

個人的には、張り番の菅原さんがマンガ誌の担当になって、まったく違う世界で「人に動いてもらう」ことを考えていく話がツボにきた。こんなふうにそれまでとは違う視点で働くようになっていくことを「成長する」と言うのだろう。

衆議院議員が「オヤジマン」として登場したのは、正直意外な人選。そうだよね、この人達だって本当は「働く人」なんだもの。丹波議員が方向転換してくれたように、「開発と破壊」から「再生と回復」を目指す政治家が増えてほしいものだと心から思う。

働きマン 3 (3)
働きマン 3 (3)
posted with amazlet on 06.10.07
安野 モヨコ
講談社

|

« 秋の新潟ならではの「うんめもん」・カキノモト | トップページ | NHK-FM「私の名盤コレクション」鈴井さん出演分の再放送 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/12182411

この記事へのトラックバック一覧です: COMIC 「働きマン」第三巻 安野モヨコ:

« 秋の新潟ならではの「うんめもん」・カキノモト | トップページ | NHK-FM「私の名盤コレクション」鈴井さん出演分の再放送 »