« 「大麦畑でつかまえて」テレビ朝日(東京ローカル) 10/9放映決定 | トップページ | 感想:「ブロガー×オーマイニュース『市民メディアの可能性』」シンポジウム »

2006/09/03

MOVIE 「UDON」

さぬきうどんとTEAM NACSをこよなく愛する私のような人間にとってはマストゴー!な映画がこの「UDON」。
舞台は香川。麺通団が実際足を運んだ名店をこれでもかと撮影して、TEAM NACSの森崎リーダーが出演してるとなれば行かねばならぬタコねばならぬ。

というわけで、映画の日・フライデーナイトに仕事をギャッと済ませて某シネコンに行ったのだった。

※以下内容に触れてますので、未見の方はご注意を。
また文体が部分的にいつもと違うのは、さぬきうどんについて書こうとすると知らず知らずのうちに麺通団田尾団長の文体に近くなってしまうためです。ご容赦を。

踊る大捜査線 THE MOVIE」も「サマータイムマシン・ブルース」も見ていない私には初めての本広監督作品だったが、「きっちりしたエンターテインメント映画」だった。笑いあり、涙あり、緩急ありでディテールまで凝った造りが最後まで続いて飽きさせない。

うどん好きの私にとっては、この映画のもうひとりの主役は数々の名店のうどんたち。
どれもこれも実に美味しそうだったのだが、一番印象が強かったのは、ユースケ・サンタマリア演じる主人公香助と、小西真奈美演じる恭子がただの民家だと思って助けを求めてふらふら入った「三島製麺所」。
ゆがきたてのうどんに卵をかちんと割り入れ、ネギを載せてしょうゆをちゃっとかけて、かきまぜて食べていたこのうどん。あたたかく、金色に輝く麺が何より美味しそうだった。

「ネギは裏の畑」で「『なかむら』だ!」と反応し、「おおー『やまうち』」「うわあ、『谷川米穀店』だあ」と行ったこともない店の名前を口にする変なやつになりながら映画を見続けていた。隣の席の人はさぞかし不気味だったことだろう。「恐るべきさぬきうどん」でさんざん読んでいたものだから、行ったことはなくても確実に自分の中に存在する店となっていたのだ。まさに、恐るべし。

TEAM NACS森崎リーダーが出演ということで観に行ったのだが、なんと驚きのあの人も出演。本当にサプライズゲスト。これ以上は言えないが、ちゃんと映画で驚きたい方はパンフレットは上映前に買っても読まないように。キーワードは「天ぷら」「これ揚げていた」。

そのパンフレット、うらをひっくり返すと半分が主人公が活躍する「タウン情報さぬき」の表紙に、内容もそっち系になっている。映画内で回ったお店も超アバウトな地図と共に収録。ただし映画内では一軒一軒細かく紹介しているわけではないのでご注意を。
尚、「タウン情報さぬき」表紙にあるコラムタイトル「泣きの文化人講座」はもともとの「タウン情報かがわ」では「笑いの文化人講座」だったはず。このあたりかなり遊んでいるなあ。そうそう、田尾団長にA藤さんもばっちり出演してるのでお楽しみに。

「水曜どうでしょう」ファンであり同時にさぬきうどんファンでもあるブログ「賽は投げられた」の管理人K_Sさんがエントリ「映画UDON関連本「UDONバイブル」を購入する」と「またもや「うどんの本」を買う」で報告していた関連本二冊(「UDONバイブル」と「超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方」)は、どちらも面白そうなので購入を検討中。

まずは私のバイブル「恐るべきさぬきうどん―麺地創造の巻」と「恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻」を読み返すところから始めようか。

関連リンク:
映画「UDON」丸亀ロケ地に行ってみよう(まるがめ婆沙羅マップ)
#映画の「松井製麺所」が見学可能とのこと。(ただし外観のみ)
また、9月16日より映画セットをニューレオマワールドにて復元公開予定だそうです。うどん巡礼に行かれる際、立ち寄られてはいかが。

関連エントリ:
森崎さん、本広監督最新作「UDON」に出演(2006/04/23)

超麺通団3 麺通団のさぬきうどんのめぐり方
田尾 和俊
西日本出版社 (2006/08/23)

|

« 「大麦畑でつかまえて」テレビ朝日(東京ローカル) 10/9放映決定 | トップページ | 感想:「ブロガー×オーマイニュース『市民メディアの可能性』」シンポジウム »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

>行かねばならぬタコねばならぬ。
これに反応してしまいました(笑)

映画なかなか面白そうですね。これは早く観にかないと!

で、観にいったら間違いなくうどん屋に行きたくなるのではあるまいかモンゴイカと思っております。

投稿: K_S | 2006/09/03 22:26

>K_Sさん
おっ、うれしいところに反応していただきました。さすが麺通団ファン。
おっしゃる通り、帰りはうどん屋さんに行きたくなりましたが、映画館の近くにはいい店がなかったのでパスタでお茶を濁しました(笑)。
(「あるまいかモンゴイカ」・・・これもなつかしいネタですね)

投稿: くりおね | 2006/09/06 00:29

遅くなりましたが本日、片道2時間かけて観に行ってきました!
サプライズゲストについては、ネットから情報を得ていたので、むしろ「どんな風に出てくるのかな?」と、期待して観ていたのですが、まさかあんなどアップのカットもあるとは!思わず心の中で拍手ですよ~。
私は四国に行ったことはないのですが、これはいよいよ現地に行ってうどんを食べたくなってきました。むむむ。

さて、明日は「シュガー&スパイス」を観に行こうか。(また片道120km運転ですが。)

投稿: Hiro | 2006/10/01 00:11

>Hiroさん
Hiroさんも観に行かれたのですね。
私も事前に聞いてはいたのですが、まさかああ来るとは思わず、かなり驚きました。うれしいサプライズでしたね。
「シュガー&スパイス」もなかなかいい感じらしいと聞いてます。行けるかなあ。

投稿: くりおね | 2006/10/01 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/11722901

この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE 「UDON」:

« 「大麦畑でつかまえて」テレビ朝日(東京ローカル) 10/9放映決定 | トップページ | 感想:「ブロガー×オーマイニュース『市民メディアの可能性』」シンポジウム »