« 大泉さん 今夜の「R30」そして7/28「メントレG」に出演 | トップページ | 「R30」で大泉さんが語った「真面目なこと」 »

2006/07/09

STAGE 能「巻絹」 狂言「昆布売」 他(銕仙会青山能)

バックステージツアーから三日後には銕仙会青山能の7月例会で、ふたたび青山の銕仙会能楽研修所・能楽堂へ。
番組概要は下記の通り。

・仕舞 実盛クセ 野村 四郎
     長山 桂三
  地謡 柴田  稔
     馬野 正基

・狂言 昆布売
シテ   大名  山本泰太郎
アド  昆布売  山本 則直

・能 巻絹
シテ    巫女 谷本 健吾
ツレ   都ノ男 安藤 貴康
ワキ    臣下 舘田 善博
アイ    下人 山本 則直
                
    笛  八反田智子
    小鼓  鳥山 直也
    大鼓  原岡 一之
    太鼓  徳田 宗久

      長山 桂三  柴田  稔
   地謡 浅見 慈一  西村 高夫
      泉 雅一郎  清水 寛二
                 
   後見  岡田 麗史
         観世銕之丞
        

仕舞「実盛」は、気骨あふれる老武者・実盛の戦語りが迫力。謡も舞もきびきびと、なおかつ勇壮で、品格あふれる仕舞。

狂言「昆布売」は、大名がふと出会った昆布売に無理やり太刀持ちをさせ、それに怒った昆布売が逆襲し、大名にさまざまなやり方の昆布売をさまざまな節で謡って売らせる、というお話。この大名の謡昆布売りがどれもこれもツボに入ってしまい、爆笑。

「巻絹」は「花よりも花の如く」1巻収録「お能の国の人だから」で、足を火傷した憲人がツレをやる曲。
銕仙会サイト掲載のあらすじは次の通り。

 音無天神に和歌を捧げていたため、熊野権現への巻絹の奉納に遅参し、その咎で都の男は縛められる。そこに音無天神が憑いた巫女が現れ、男の和歌の手向けを喜び、罪を許すと男の縛めを解く。さらに巫女は和歌の徳を語り、祝詞を捧げて神楽を奏するうち、再び神懸かりして舞を舞う。
 巫女が舞を舞い、神懸かってゆく様が見所の能。

「縛められる都の男」がツレ。たしかにずっと座りっぱなし。

巫女がとにかく可憐で愛らしく、神楽を踊るうちに神が憑いて一種のトランス状態になっていく様子が狂気の一歩手前にも見え、ある意味物狂いとも言える。舞台が一種の磁場になっているような錯覚すら覚えた。

当日の写真はこちら。(おそらく期間限定の公開のため、ご確認はお早めに)

終了後の能楽小講座は、9月の青山能で「百万」のシテをつとめる馬野正基さんによる「狂女系の面」。
比較的若い狂女系としては増髪(ますかみ)増女(ぞうおんな)、中年になると深井(ふかい)曲見(しゃくみ)といった面を使うのこと。
短い時間だが、演者による解説でお能が身近に感じられるこの小講座、毎回けっこう楽しみにしている。

先日舞台裏を自分が歩いたことが何だか信じられないような、いつも通りの「向こうの世界」であった。

花よりも花の如く (1)
花よりも花の如く (1)
posted with amazlet on 06.07.09
成田 美名子
白泉社 (2003/07/05)
売り上げランキング: 14,120

|

« 大泉さん 今夜の「R30」そして7/28「メントレG」に出演 | トップページ | 「R30」で大泉さんが語った「真面目なこと」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 能「巻絹」 狂言「昆布売」 他(銕仙会青山能):

« 大泉さん 今夜の「R30」そして7/28「メントレG」に出演 | トップページ | 「R30」で大泉さんが語った「真面目なこと」 »