« 森崎さん舞台「陥人ーどぽんどー」に出演決定 | トップページ | 6月は佐渡薪能月間 »

2006/05/10

大泉さん、今度は「ねずみ男」役

水曜どうでしょう」ファンのみなさんにとって、今日一番のビッグニュースは間違いなくこれでしょう。
めざましテレビで紹介されてから話題騒然だった模様。私も友人からわざわざお知らせメールをいただきました。

まずはフジサンケイグループのお膝元・サンスポさんの記事から。

ゲゲゲッ!ウエンツ鬼太郎…来年4月、初の実写映画化(SANSPO.COM:2006/05/10)

大泉も出っ歯をつけ、ひげをはやすなどねずみ男そっくりに変身し、「ねずみ男は大泉洋しかいないといわれる仕事をしたい」と、早くも役にハマっている様子。
いやもうこの写真を見ると、そのハマり様もよくわかります。似合いすぎ。 まあでも「どうでしょう」の前説・後説で実に様々な扮装をしてるので、これぐらいでは驚かないですね、私たち。

一方スポニチさんはちゃんと大泉さんの名前をフィーチャーしています。うれしいですねぇ。

ウエンツ&大泉で「鬼太郎」実写化(Sponichi Annex:2006/05/10)

鬼太郎の“迷パートナー”ねずみ男に、大泉を起用したのは「卑しくも気の利いた言葉で許される、摩訶(まか)不思議な魅力を出せるのは彼しかいないと感じた」と説明。さらに2人が公私ともに“つかず離れず”のユニークな交友関係にあることも「鬼太郎とねずみ男の関係にピッタリだった」という。

あの仲いいんだか悪いんだかよくわかんない雰囲気がいい、ということでしょうか。
「摩訶(まか)不思議な魅力」とは実にいい得て妙。ねずみ男のせこい雰囲気も充分出せると太鼓判押します。

公開予定は来年4月とのこと。また大泉さん、話題作出演でさらに忙しくなりそうです。

ゲゲゲの鬼太郎 (2)
ゲゲゲの鬼太郎 (2)
posted with amazlet on 06.05.10
水木 しげる
筑摩書房 (1994/07)
売り上げランキング: 2,314
おすすめ度の平均: 4
4 「猫町切符」「海坊主先生」を特別収録しています

|

« 森崎さん舞台「陥人ーどぽんどー」に出演決定 | トップページ | 6月は佐渡薪能月間 »

「OFFICE CUE」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今日の「cueダイアリー」に大泉さんのご報告が載ってましたね。
読んで大爆笑でした(^_^;)

投稿: Hiro | 2006/05/13 21:41

>Hiroさん
いやいやホントに。
「そうだよ誰からもぴったりだ~ぴったりだ~と言われる俺がねずみ男役の大泉さ!!」に大爆笑でした。さすが自分のことをよくわかってらっしゃる(笑)。
どうせならぬりかべで森崎さんが・・・あ、リーダーファンの方におこられそう(^_^;)。

投稿: くりおね | 2006/05/14 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/10009601

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉さん、今度は「ねずみ男」役:

« 森崎さん舞台「陥人ーどぽんどー」に出演決定 | トップページ | 6月は佐渡薪能月間 »