« イナバウアーは反らさない | トップページ | ジャワティのある自動販売機 »

2006/03/04

三谷歌舞伎「決闘!高田馬場」3/25にWOWOWで生中継

三谷幸喜さんが初めて脚本を書いた歌舞伎「決闘!高田馬場」。当然の如くプラチナチケットで入手することはできなかったわけですが、仲間の皆さんご安心を。
「12人の優しい日本人」の時と同じく、WOWOWにて生中継放映されます。

生中継!三谷幸喜 PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」(WOWOWウェブサイト)

出演市川染五郎さん、中村勘太郎さん、市川亀治郎さんなど。

家に届いていたWOWOW MAGAZINEによると、浪人・中山安兵衛(のちの堀江安兵衛)が叔父を救うため決闘場に駆けつけ、助太刀したと言われる「高田馬場の決闘」事件をモチーフに、「皆をアッと言わせるものを書いて、脚本でケレン味を持ち込もう」と思い、「走る染五郎プラス脚本で魅せる面白さ。そんな歌舞伎になればと思っています。」とのこと。

三谷さんが初めて挑戦する歌舞伎。若手の実力派を迎えてどんな作品になるのか、今からわくわくしています。

朝日新聞夕刊に連載されているエッセイ「三谷幸喜のありふれた生活」でも、今週から「決闘!高田馬場」についての話題になりました。そこで読む裏話も併せて楽しみです。

|

« イナバウアーは反らさない | トップページ | ジャワティのある自動販売機 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/8943668

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷歌舞伎「決闘!高田馬場」3/25にWOWOWで生中継:

« イナバウアーは反らさない | トップページ | ジャワティのある自動販売機 »