« 由緒ある名前の金貸し | トップページ | 安田さん出演映画「雨の町」公式サイトオープン »

2006/02/12

PLAY 「労働者M」 シアターコクーン

ナイロン100℃を主宰する「ケラ」ことケラリーノ・サンドロビッチの2006年唯一の書き下ろし新作「労働者M」を観てきた。
堤真一を始めとして、小泉今日子、松尾スズキ、秋山菜津子、山崎一など実に豪華な顔合わせ。

※以下内容に触れていますので、未見の方はご注意を。

スタートからして人を食っていて、ニセ堤真一とニセ小泉今日子がお面をつけて(途中捨てるが)バックに流れる台本そのままで観賞上の注意を述べる。要約すると「二つの世界が時には入り混じり合って展開され、しかも大切な台詞が欠損することもある」ということ。何じゃそりゃ。
そしてテーマソング「労働者M」を歌いながら物語が始まった。

ダーイヤモンドはっ  ただのいっし いっし いっし いっし♪(ダイヤモンドは ただの石)
はったっらっけ~ はったっらっけ~♪(ハタラケ ハタラケ)

というこの曲、やたら耳について残ってしまう。どうやら「空手バカボン」というユニット(メンバーはKERA、元・筋肉少女帯の大槻ケンヂ&内田雄一郎)のオリジナルソングらしい。オーケンだったか、あの声は。

お話は「近未来編」と「現代編」の二つからなっている。「近未来編」はとある国の収容所で起こる革命家と管理者による出来事、「現代編」はいのちの電話を使ったマルチ商法をやっている事務所での出来事。このまったくシンクロしない二つの話が入り交じり、小道具は起きっぱなしのまま舞台は展開し、ナンセンスで救いのないままぶっつり終わる。アンコールもなくいきなり終了するその潔さは驚くくらいだ。

不条理で救いはないのだが、その不条理の中でもがく姿がたまらなく喜劇的で、何がなんだかという感じで笑ってしまう。そんな中での「家によって違うカルピスの味」ネタ、「頭蓋骨が小さい」など、ささいなことから笑いを増幅させる言葉の使い方が妙にハマっておかしい。不条理な世界に、舞台上の人間と一緒に観客も巻き込まれていくようだ。
この手の「巻き込まれ系悲喜劇」に松尾スズキはぴったりだ。また二つの話でのキャストたちのキャラの変わりぶりも見どころ。硬派な革命家とアル中気味のキレてる男を堤真一が演じ、クールな独裁リーダーと誰とでも金を取って寝る女を小泉今日子が演じる、その対比。そして秋山菜津子、山崎一の芸達者さ。わかってはいても改めてしびれてしまう。

二幕目に入る時に、最前列の人達にビニールシートが配られているのを見て「水でも使うのか」と思ったが、そうではなかった。これはクライマックスに関連することなので詳しくは書かないが、「なるほど!」と。

ケラ作品は2003年の「SLAPSTICKS」以来の2本目だが、今回の方がぶっとび度は大きく、普通の人の普通じゃないおかしさと怖さが表現されていて、笑いながらも心のすみっこで「うーん」と思う、ここも二重構造。

上演時間は1幕:2時間5分、休憩:15分、2幕:1時間10分の合計約3時間30分という大作。ちゃんとコクーンのウェブサイトにも書いてあったのだが、うっかりチェックせずに来てしまい心の準備ができてなかった。これからご覧になる腰痛持ちの方はどうか対策を。

空手バカボン ナゴムコレクション
空手バカボン
ナゴムレコード (2005/08/24)
売り上げランキング: 5,998
おすすめ度の平均: 4.8
5 既発「ベスト」か「ナゴムコレクション」か
4 早く買わないとすぐに廃盤になりますよ!(たぶん…)
5 最高!

|

« 由緒ある名前の金貸し | トップページ | 安田さん出演映画「雨の町」公式サイトオープン »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

コメント

「続きを読む」読んでいません!
来週行くことになりました。
楽しみです☆

投稿: misaki | 2006/02/24 10:29

>misakiさん
おお、行かれるんですね。楽しんできてください。
「続きを読む」以降も特に大したことは書いていませんが、余計な情報は入れずに見られるのがベストですよね。
misakiさんの感想も楽しみにしています。

投稿: くりおね | 2006/02/26 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/8629662

この記事へのトラックバック一覧です: PLAY 「労働者M」 シアターコクーン:

» 『労働者M』 [yumiking Diary]
レインマンに続きギリギリでGET! ケラリーノ・サンドロヴィッチ、2006年唯一の書き下ろし新作『労働者M』 前説の中で「途中大事な台詞が抜けてしまうところがありますが、お気をつけ下さい」との説明があった。「これはもしやかなり集中して観ないといけないのか?....... [続きを読む]

受信: 2006/03/06 13:56

« 由緒ある名前の金貸し | トップページ | 安田さん出演映画「雨の町」公式サイトオープン »