« A Happy New Year | トップページ | 新潟日報、大雪の状況や乗り切る知恵をメール募集中 »

2006/01/03

北海道限定商品「やきそば弁当」を食べてみた

yakisoba_bento_01北海道でしか売ってないという噂のカップ焼きそば「やきそば弁当」。
小鳥改めいちるさんには「『カップ焼きそば』は誇大広告では?」とつっこまれそうですが、それはともかく。
新潟の次に北海道を愛する私としては、体験しないわけにはいくまい、ということで、今回の帰省で購入、無事食すことができました。

製造元であるマルちゃんこと東洋水産さんのウェブサイトでの「商品紹介」によると、

コクのある液体ソースにキャベツとソフトな食感の鶏肉ミンチ。彩りに青のりと紅生姜のふりかけ。マルちゃん特製中華スープ付き。

との説明。そう、この「中華スープ付き」というのが、「やきそば弁当」の最大の特徴ではないかと思うのです。
だってペヤングソース焼きそばや日清カップ焼きそばUFOには、私の記憶が正しければそんなものついてなかったはず。

包装を取ってかやくを麺の上にあけ、お湯を注ぐまでは普通通り。
3分間待つ間、マグカップやお碗などの入れ物を用意して、そこに中華スープのもとを入れておきます。
そして3分経過したら、普通は捨ててしまう湯切りのお湯を、中華スープのもとに注ぐのです。もちろん余ったお湯は適宜処分いただいて結構。
液体ソースと青のりをかけて、できあがり。

yakisoba_bento_02こちらの写真の右上のお碗が「中華スープ」のできあがり、です。
味はごく普通のカップ焼きそばですが、具が少々大ぶりでしょうか。スープがついてるところで「弁当」というネーミングに説得力が生まれています。簡単にお昼を済ませたい時はこれで充分ですね。

ところで掲記マルちゃんの「商品紹介」ページを下にスクロールすると「焼きうどん弁当」なるものも。こちらも北海道限定商品のようなので、次回上陸時にはぜひこちらを試してみたいと思います。

参考リンク:
道産子は「やきそば弁当」を愛する!(北海道ぷっちがいど)
#「やきそば弁当誕生秘話」掲載。

北海道民のソウルフードを超大盛で食す マルちゃん『やきそば弁当』(All About:コンビニグルメ)
#「大判やきそば弁当」「でっかいやきそば弁当」の容量違い3種類を比較しています

2007/04/04追記:
アメリカのカップ焼きそばは電子レンジで調理する、という話(H-Yamaguchi.net:2007/04/03)
#アメリカでもマルちゃんのカップ焼きそばが。しかもお湯を使わないとは。

|

« A Happy New Year | トップページ | 新潟日報、大雪の状況や乗り切る知恵をメール募集中 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「北海道」カテゴリの記事

コメント

私もやきそば弁当について書いたのですがトラックバックできない・・・よろしければ私のココログ覗いてください。

投稿: Hiro | 2006/03/05 19:32

>Hiroさん
ココログ拝見しました。「やきそば弁当」でなくてもスープ付きとは。本州のカップやきそばはスープ付きのものは見たことがないので、やはりそこは北海道仕様なんですね。
トラックバックは私の方では特に止めてはいないので、調査をお願いしています。ご不便かけて申し訳ありません。

投稿: くりおね | 2006/03/12 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/7987410

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道限定商品「やきそば弁当」を食べてみた:

« A Happy New Year | トップページ | 新潟日報、大雪の状況や乗り切る知恵をメール募集中 »