« 気になる冬ドラ「時効警察」 | トップページ | TV 「おかしなふたり」 »

2006/01/10

MUSIC 「Winter's Solstice, Vol. 1」

しんと底冷えする季節になると聴きたくなるのが「Winter's Solstice, Vol. 1」。
ウインダム・ヒル・レーベルに一時期ハマっていて、その頃友人から紹介された季節もののコンピレーションCDだ。

winter's solsticeというのは「冬至」という意味だが、時期的にクリスマスアルバムと言え、ウインダム・ヒルとしてもこのあと何枚かシリーズとしてリリースしている。
私が持っているのはその最初のvol.1のみだが、毎年聴いてもなぜか飽きない。
すべてインストゥルメンタル曲で、ギター、ピアノ、オーボエ等さまざまの楽器を使い、冬の風景が浮かぶような清冽で透明な曲が収録されている。

収録曲は次の通り。(Amazonより)

1.Jesu, Joy of Man's Desiring
2.Engravings II
3.New England Morning
4.High Plains
5.Nollaig
6.Greensleeves
7.Bach Bouree [From the French Suite]
8.Northumbrian Lullaby
9.Petite Aubade
10.Tale of Two Cities

個人的には1曲目の「Jesu, Joy of Man's Desiring」(主よ、人の望みの喜びよ:バッハ)が一番好きだ。
ジョージ・ウインストンも「December」というアルバムの中でピアノで演奏しており、そちらも好みではあるが、デビッド・クォーレイというプレイヤーがギター一本で歌い上げるこのバージョンがmost favorite。

このアルバムのことを調べようと検索してみたら、「Windham Hill」というサイトがあった。こちらではウインダム・ヒルレーベルそのものについてやアーティスト達、リリースされたアルバムについてきめ細かく情報を集約されていて、「Winter's Solstice, Vol. 1」についても詳しく解説されていたので、もっと知りたい方はぜひリンク先をご参照いただければと思う。

Winter's Solstice, Vol. 1
Winter's Solstice, Vol. 1
posted with amazlet on 06.01.05
Various Artists
Windham Hill (1990/10/25)
おすすめ度の平均: 5
5 冬の音
5 より多くの方に・・・。

|

« 気になる冬ドラ「時効警察」 | トップページ | TV 「おかしなふたり」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/8020424

この記事へのトラックバック一覧です: MUSIC 「Winter's Solstice, Vol. 1」:

« 気になる冬ドラ「時効警察」 | トップページ | TV 「おかしなふたり」 »