« BOOK「その幸運は偶然ではないんです!」 | トップページ | 「松尾ジンギスカン」のお取り寄せセットがHanakoに登場 »

2005/11/30

STAGE 能「采女」 狂言「痩松」 (銕仙会青山能)

日が暮れるとぐっと冷える中、青山の銕仙会能楽研修所へ向かう。今月2回目の観能、本日は「銕仙会青山能 11月例会」。
番組概要は下記の通り。

・仕舞「隅田川
  浅見 真州

・狂言「痩松」(やせまつ)
シテ 山賊  深田 博治
アド  女  竹山 悠樹

・能「采女」(うねめ)
前シテ         里女
後シテ         采女  小早川 修
ワキ     旅僧  殿田 謙吉
ワキツレ   従僧  大日方 寛
 〃     〃  御厨 誠吾
アイ     里人  深田 博治
                
        笛  一噌 隆之
       小鼓  観世新九郎
       大鼓  亀井 広忠

「隅田川」は能の中でも有名な作品だが、今回の仕舞では狂女となった母親が隅田川の渡守に乗船と引き換えに舞う部分。「名にし負おはばいざ言問わん都鳥 わが思ふ人はありやなしやと」の謡から始まり、その哀しみに冒頭からすでにノックアウト。祈りと願いの舞はただ美しく、見入ってしまった。

「痩松」は山賊が襲ったはずの女といつの間にか立場が逆転して身ぐるみはがされてしまう。頭巾まで取られて何とも情けない姿になった山賊が逃げる女を「やるまいぞやるまいぞ」と追いかけていくのが何ともおかしい。

「采女」は宮中の出来事を題材にしているだけあって、池に身投げした女の話であるにもかかわらず優雅でおっとりとした曲だった。特に後シテの衣装はとても美しく、袖をひらりひらりと舞い上げるところは見どころ満点。ただ、2時間近い長さは観ていて少々きつく、体が痛くなっては態勢を何度も変えていて、後ろの方はもしかしたら気になられてしまったかもしれない。
囃子方に、先日読んだ「能楽入門〈1〉初めての能・狂言」の「囃子方インタビュー」に登場していたお二人・笛の一噌隆之さんと大鼓の亀井広忠さんが入っていて、引き締まったすばらしい演奏をされていた。さすが若手囃子方のホープ。

終演後、能楽小講座として今日は観世銕之丞さんがミニ解説をしてくれた。「采女」はやはり演者としても長いと感じる曲らしい。これをコンパクトにする「美奈保之伝」という小書(特殊演出)もあるらしく、その中の水の中に采女が沈んでいく様子を表す舞はハムレットのオフィーリアに通じるものを感じる、と観世さん。おお、ここでシェイクスピアが出てくるとは、古典同志の邂逅。すばらしい。

12月に国立能楽堂で開催される「至高の華」のチケットが取れたので、年内あと1回能舞台に足を運ぶことになる。「土蜘」を初めて見るのがとても楽しみ。シテが梅若六郎さんというのも期待大。
年明けは青山能から、かな。宝生能楽堂で行われる定期公演は別件が入ってしまって行けないのだ。せっかく「花よりも花の如く」3巻で憲人が演じている「二人静」をやるのに。残念。

|

« BOOK「その幸運は偶然ではないんです!」 | トップページ | 「松尾ジンギスカン」のお取り寄せセットがHanakoに登場 »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAGE 能「采女」 狂言「痩松」 (銕仙会青山能):

« BOOK「その幸運は偶然ではないんです!」 | トップページ | 「松尾ジンギスカン」のお取り寄せセットがHanakoに登場 »