« STAGE 能「高野物狂」 狂言「栗焼」 (響の会第28回研究公演) | トップページ | BOOKS 「能楽入門〈1〉初めての能・狂言」「あらすじで読む名作能50」 »

2005/11/18

PLAY 「調教師」(KARA COMPLEX)

友人に誘われ、KARA COMPLEXの「調教師」を観た。

KARA COMPLEXとは、「紅テント」で一世を風靡した唐十郎と、関西演劇界の雄・南河内万歳一座の内藤裕敬が組んだユニット、とのこと。
実はほとんど予備知識なしに、主な出演者名(椎名桔平、窪塚俊介、萩原聖人)と唐十郎作品、ということしか知らずに劇場に行ったのだった。

いわゆるアングラ演劇は、高校時代に新潟に黒テントが来た時に行ったぐらいしか経験がなく、どんな内容だったかもほとんど記憶がないのだが、かすかに残っているイメージは「汗くささ」。もっと突っ込んで言うと、「アンモニア臭さ」だ。
場末の繁華街のような場所で、なにやら訳ありの人や人じゃないものやこの世のものじゃないものなどが、汗と排泄物にかまわず、からみあい殴りあいののしりあい愛し合い、何が正常で何が異形かわからなくなる、そんなシュールな物語世界のイメージ。
そういう意味では、「調教師」はまさしく私のイメージを裏切らない作品だった。
「やっぱり、唐だから」と安心でき、楽しめた。
椎名桔平や萩原聖人目当てで来場したファンの皆様は面食らったかもしれないが。

役者についてふれると、椎名桔平の声が枯れていたのが個人的に大減点。舞台役者としてそれはどうよ、と。それと、不思議なことに台詞のない時の方がオーラを感じてかっこいいのだ。役柄の影響なのか、どうなのか。
萩原聖人はさすがに舞台が長いだけあって、安定した演技。役柄がちょっときれいすぎたかも、という印象もあるがそれは本人の責任ではないし。
窪塚俊介はどんな役者なのかまったく知らなかったが、なかなかよかったと思う。先生役の木野花とも息が良く合っていた。

正直に言えば、これはシアターコクーンで観るお芝居なのかなあ、と感じた。もっと客席数の少ない、役者の唾が飛んできそうな、そしてややうらぶれた昭和的雰囲気の劇場で観られるともっともっと臨場感を味わえると思う。このキャストでは、それはハナから無理なことかもしれないが。

|

« STAGE 能「高野物狂」 狂言「栗焼」 (響の会第28回研究公演) | トップページ | BOOKS 「能楽入門〈1〉初めての能・狂言」「あらすじで読む名作能50」 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。misakiです。
『調教師』観にいきたかったんですけど、日程が合わなくてあきらめたんです。
他の記事も読ませてもらったら、行った舞台とかなりかぶっててビックリしました。
『胎内』も行きましたよ!『罪と罰』は来年行きます!

投稿: misaki | 2005/11/20 22:01

>misakiさん
こんにちは、くりおねです。こちらこそごぶさたしています。

misakiさんとそんなに行ってる舞台が重なってたなんて、びっくりです。
今度お会いした時には、お芝居の感想など、ぜひ語り合いましょう。

投稿: くりおね | 2005/11/22 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/7183093

この記事へのトラックバック一覧です: PLAY 「調教師」(KARA COMPLEX):

» 「調教師」(KARA COMPLEX)観劇記 [BLACKLAND's BLOG]
というわけで3日前の25日,唐十郎作/内藤裕敬演出のKARA COMPLEXの作品「調教師」を西宮の兵庫県立芸術文化センター中ホールまで観に行ってきたので簡単に感想っぽいのを…. ぶっちゃけた話,唐十郎のイメージはアングラ・70年代・テント公演などのイメージが先行しちゃってて,演技をすれば存在感は大きいけれど,なぜか頭の中に?マークが残ってしまう感じで,私の中では日本の演劇史の中で重要な位置を占める伝説的なヒトという感じだった.内藤裕敬についてもそもそも「南河内万歳一座」の公演を観に行ったことが無... [続きを読む]

受信: 2005/11/29 12:32

« STAGE 能「高野物狂」 狂言「栗焼」 (響の会第28回研究公演) | トップページ | BOOKS 「能楽入門〈1〉初めての能・狂言」「あらすじで読む名作能50」 »