« 「第一回日本たまごかけごはんシンポジウム」とは | トップページ | 祭り会場入口 »

2005/10/13

「水曜どうでしょう祭り」近づく

いよいよ今週金曜・14日スタートです。「水曜どうでしょう祭り」でございます。
3日間で全国通算45,000人の「水曜どうでしょう」ファンが札幌・真駒内に集う一大イベント。
もう一日の半分は「祭り」のことで頭が一杯状態の私、14日の一日券しか購入できませんでしたが、その分めいっぱい楽しませていただく所存でございます。

「水曜どうでしょう」の公式サイトは表もウラも祭り一色。
特にディレクター陣の裏話が書き込まれる「ウラ」では、こんな風に立て続けに詳細情報が書かれています。

2005/09/30 バーチャル「どうでしょう祭」 (嬉野D)
※空港、駅から会場への移動の様子をバーチャルで。
2005/10/06 みなさんと行く・バーチャルどうでしょう祭 第2回入場編(嬉野D)
※ようやく真駒内入口に到着。そこから屋内入口まで。
2005/10/09 どうでしょう祭り「屋内会場ご案内」(藤村D)
※やっとのことで屋内に入ったあとの様子。

祭りのサイトでも、トップページでアリーナの様子がライブカメラですでに見れるようになっています。
また、さまざまなお知らせ&注意事項が満載。曰く

・臨時郵便局あり。オリジナル消印も。
・アイスアリーナ会場の「本日のスープカレー」(1,000円・1日約1,500食)、「ハリバットとアスパラのスパゲッティ白ワイン風」(1,000円・1日1,200食)、「小倉トースト&コーヒーセット」(600円・1日約600食)の3種は混雑が予想されるため、時間限定・食数限定でフードチケットを販売。1人1メニュー限定。
・ステージイベントはすべて屋外。雨でも傘は禁止。ゆえにカッパ持参のこと。
・朝晩は天候に関わらず気温が下がるため、充分な防寒対策を。(札幌の10月の平均気温/最高15.9度・最低8.1度)ダウンがあれば万全だがせめてフリースくらいは持ってくるように。
・縁日やグッズ等買い物はすべて「どう券」に引き換えの上実施。

等々。事前に目を通していかないと大変なことになりそうな勢いです。

服装については、同行者が北海道出身者なので、アドバイスに従う所存です。「夜は寒いよー」と今から言われており、重ね着可能な組み合わせを考え中。

さて、当日は入場時に名札が配布されるとのこと。どうでしょう藩士の皆様ならおそらく「○○(名前)@××(地名)」と書かれることでしょう。ということは、あちこちの素敵ブログの方々も、もしかしてお名前とお顔を拝見することができるかも。おおう、楽しみです。
私ももちろん「くりおね@東京」の名札を貼りますので、もしお見かけになられたら遠慮なくお声かけ下さいませ。

では、祭り会場で!

|

« 「第一回日本たまごかけごはんシンポジウム」とは | トップページ | 祭り会場入口 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「水曜どうでしょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/6373538

この記事へのトラックバック一覧です: 「水曜どうでしょう祭り」近づく:

« 「第一回日本たまごかけごはんシンポジウム」とは | トップページ | 祭り会場入口 »