« visitor 100,000 | トップページ | TV 「NHKスペシャル『望郷』」 »

2005/05/05

バラが咲いた

teddy_flowerベランダでささやかながら鉢植えを育てています。
ローズマリーとミニバラ2種、バラ1種の計4個。
そのミニバラの片方が、連休中に花を咲かせてくれました。
写真のバラの品種名は「テディベア」。5年前に表参道のお花屋さんで見つけて、この色に一目惚れして買ってきたものです。

teddy_budきれいに開いた花も好きだけど、個人的には開きかけのつぼみが大好きで。はにかんでいる少女のような愛らしさを感じる、というのはオーナーのひいき目でしょうか。

そもそもこんな風に鉢植えの世話をしだしたのは、今の家に越してきた時から。
不動産屋さんからの入居プレゼントとして日比谷花壇の1年間のガーデニングコースが自動的についてきて、私の意志に関係なくベランダガーデニングをせざるを得なくなったのが始まりでした。基本的に土と苗、それと最初の3カ月は鉢が1種類ずつ届き、あとは順繰りに中身を入れ替えていって、季節の花を楽しめるようになっているものです。

それまで寄せ植えなんかやったこともなかったのですが、毎月届く苗を説明書通りに植えて水やりをしているうちに何となくコツを覚えたようで、その年はすべての鉢を枯らさずに無事に咲かせつづけることができ、初めてでも何とかやれるもんだなあ、と自信がつきました。
最後の月はバラの苗と大きな鉢が届き、バラは難しいと聞いていた私は緊張。バラ好きの知人にいろいろ教えてもらいながら無事花を咲かせ、冬を越すことができた時はほっとしました。そのバラは今もベランダで花を咲かせてくれています。

日比谷花壇のコースが終わったあとも自分で苗を買ってきたり、ハーブのおすそわけをいただいたりしながらベランダに緑を絶やさないようにしてみましたが、さすがにだんだんずぼらになってきて、枯らすことも増えてきます。
ローズマリーとミニバラはたくましく、少々水やりを忘れてしまっても生き延びてくれていますが、ラベンダーやミントはうっかり水やりを忘れてしまうと物の見事に枯れはててしまい、かなりかわいそうなことをしました。
というわけで、現在はローズマリーとバラのみになっているという次第です。

それでも毎年緑のまぶしい今頃の季節になると、今は空になっている鉢にまた何か植えたいなあ、と思ってしまいます。そんなわけで、少々水やりの間隔が空いてしまってもOKの丈夫なものを物色中。
本当はペパーミントが好きなんですけどね。

これから湿度が上がってくると虫との戦いが始まります。葉の裏をひっくり返して虫を見つけるとつぶし、数が増えてくるとハーブの虫よけ剤を吹きつけて。忙しくてチェックを怠るとあっと言う間に葉を食べ尽くされてしまうんで、油断大敵です。一度テディベアの葉がほぼ全部やられてしまった時は、バラもショックだったのかしばらく次の葉が出てこなくて、深く深く反省したことがありました。

今年もきれいなお花を楽しませていただくべく、きちんとお世話しないと。

|

« visitor 100,000 | トップページ | TV 「NHKスペシャル『望郷』」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/3990223

この記事へのトラックバック一覧です: バラが咲いた:

« visitor 100,000 | トップページ | TV 「NHKスペシャル『望郷』」 »