« 週刊新潮・4/21号広告で大泉洋の名前が | トップページ | 4/30「王様のブランチ」で大泉洋特集放映 »

2005/04/17

新生・新潟市

先月の話題で恐縮ですが、3月21日に新潟県新潟市は周辺12市町村と合併して、新・新潟市となりました。

旧新津市、白根市、豊栄市、小須戸町、横越町、亀田町、岩室村、西川町、味方村、潟東村、月潟村、中之口村が加わり、3月末日現在で人口773,911人になっています。

どのように合併したのか、下記ホームページで見ることができます。

新・新潟市誕生!!(新潟市ホームページ)

旧新潟市はもともと南北に長かったので、合併後の地図を見ると東西に広がったという印象ですね。

また、旧・新潟市と旧・岩室村の間にある巻町は当初合併しないことになっていましたが、その後方針が変わり、10月10日に合併が施行されることになったそうです。

合併後の地名はどのようになるのかと思っていたのですが、こちらに情報がありました。

合併後の町字名(住所)の変更について

たとえば「新津市・荻島1~3丁目」だったところは、「新潟市・荻島1~3丁目」というように置き換えられるとのこと。
また、同じ地名が重複する場合、たとえば「新津市・秋葉1~3丁目」は新潟市にも「秋葉1~3丁目」という地名があるので、「新潟市・新津秋葉1~3丁目」と元の「新津」をつけて区別するそうです。

今後は政令指定都市を目指していく新潟市。ふるさとの町は離れている間にどんどん変わっていきます。
新潟市だけでなく、大きく変わっているのは新潟県全体も同じこと。
平成の大合併が始まる前は、新潟県内の自治体は111市町村だったのが、今回の合併を終えて48市町村になりました。震災で有名になった山古志村も、4月1日に長岡市に合併され、「長岡市古志」となっています。

次の帰省までに、どことどこが一緒になって、新しい名前はどうなったのか、新潟県ホームページを見ながら覚えていかないと。

|

« 週刊新潮・4/21号広告で大泉洋の名前が | トップページ | 4/30「王様のブランチ」で大泉洋特集放映 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/3743769

この記事へのトラックバック一覧です: 新生・新潟市:

« 週刊新潮・4/21号広告で大泉洋の名前が | トップページ | 4/30「王様のブランチ」で大泉洋特集放映 »