« 新じゃがと鶏手羽先の煮物 | トップページ | 文部科学省の「教育御意見箱」 »

2005/04/06

MOVIE 「エターナル・サンシャイン」

相手の記憶をすべて消し去りたくなるほど苦しい恋とは、どんなものだろう。
恋を失った直後はたしかに二人の時間の記憶が次々と押し寄せて苦しめられる。思い出す苦痛を存分に味わう。
だが、消してしまったとして、果たしてそれは本当に幸せをもたらすのか。
そして、本当にすべてを消したとして、人は完全に変わることができるのだろうか。
今年のアカデミー賞脚本賞を受賞した「エターナル・サンシャイン」(原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind)を見て、そんなことをあれこれ考えてしまった。

バレンタインデイ数日前に恋人・クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と喧嘩別れしたジョエル(ジム・キャリー)が、仲直りしようとした矢先に、クレメンタインがジョエルの記憶を消去したことを知る。記憶消去の会社を訪ね、自分も彼女の記憶を消去しようとするジョエル。思い出の品をキーに作られた「記憶マップ」をもとに、直近の行き詰まった二人の記憶から順々に消されていく。しかし、だんだんと遡るにつれ、二人の心が重なり合ったたまらなく幸福な時間の記憶もよみがえり、ついに「消したくない」と願ってしまうジョエル。果たしてジョエルは記憶をこのまますべて消されてしまうのか。

少々入り組んだ構成にはなっているが、最後にはパズルのピースがぴったりと合い、さらに新しい絵も見えてくる少々凝った作りになっている。ネタバレになるのでこれ以上は言及しないが、エンドクレジットで流れるBeckの「Everybody's Gotta Learn Sometimes」は希望を持てるナイスな選曲だ、とだけ言っておこう。
記憶のたどられ方も苦しい現在から楽しい過去に遡るところがリアルで、恋人とのいやだったこと、楽しかったこと、幸せだったことなどさまざまなエピソードをたどりながら、恋の苦しさ、楽しさを感情そのものとして見ているこちらの中にもよみがえらせる。ジョエルが「ここは消したくない」と願う記憶の部分は、見ているこちらも消したくないと思うくらい幸福感に満ちたあたたかい瞬間だった。

人の気持ちのあやふやさと確かさ、わかりにくさとわかりやすさ、きれいなところと汚いところ、そんな様々な二律背反を抱えた物語はとても人間くさく、せつなく、忘れがたいもので、見た人それぞれひっかかるポイントが違いそうな気がしている。ブームといわれる「純愛」ものより、私は断然こちらの物語の方がいい。泥臭い中に見える一瞬の輝きの方が、ずっと真実味を持って胸に迫るから。

口下手で不器用なジョエルをジム・キャリーが好演。記憶を消さないようさまざまな(本当にさまざまな)努力をするシーンでは彼のコメディアンぶりを存分に活かしつつ、オーバーアクトにならずに抑えた演技が好ましく感じられた。クレメンタイン役のケイト・ウィンスレットも、ジョエルが心惹かれてしまう行動力あふれる存在として納得の演技。意外な伏兵が記憶消去会社の社員役のイライジャ・ウッドとキルスティン・ダンスト。無駄な登場人物がまったくいない脚本はさすがオスカー受賞作である。

以下は映画そのものとは直接関係ないが、この映画を見てつい考えてしまったこと。

・そもそも人の記憶は正確ではない。自分の物語として再生産され、強化されている。消去とは逆に、繰り返し繰り返し思い出しては楽しんでいるお気に入りの「記憶」を誰しも持っているはずだ。それは「嘘」なのかどうなのか。
・すべて忘れて「なかったこと」にしたとしても、それはいずれどこかでまた出現してくる。だとしたら、苦しい記憶も自分自身として受け止め、乗り越えて抱えながら生きていくことが、遠回りに見えるが実は一番確かなやり方なのかもしれない。それはとてもしんどいことなのだけれども。

|

« 新じゃがと鶏手羽先の煮物 | トップページ | 文部科学省の「教育御意見箱」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

早速御覧になったのですね。
んんー 羨ましい。(笑)
結構みなさん、評価高いんですけど、サウンドトラックをちょっとチェックしてみたら、選曲も良いみたいね。
CM曲で、LISAの歌うBANGLESの名曲"ETERNAL FLAME"の印象しかなかったので、BECKのこの曲を聴いて「ほう」と思ってしまった。
この映画は1人で観るのがいいのか、好きなカレと一緒に観るのがいいのか、、、:-)

投稿: fumi_o | 2005/04/08 12:13

>fumi_oさん
やじうまWacthによると、どうやら評価は分かれているようです。「CMから受ける「明るく楽しい」印象はあんまりないから、「期待はずれだった」とか「感動できなかった」なんて感想も、特に女性に多かった。」そうで。確かに「明るく楽しい」だけではない作品ですけど、私は好きです。
そういう意味でBeckの曲の方が、私にとっては作品全体のイメージに近かったです。観るなら断然一人ですね。

投稿: くりおね | 2005/04/10 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/3589812

この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE 「エターナル・サンシャイン」:

» ★「エターナル・サンシャイン」 [ひらりん的映画ブログ]
今月は見たい劇場公開作が多いなぁ。 チネチッタでレンチャンで見てきた1本目。 「マルコビッチの穴」のC・カウフマンがアカデミー賞の脚本賞取ってるしー、 コメディ系のジム・キャリーが真面目な役やってそうだしー、 こりゃ必見のラブ・ストーリー。 2004年製作の107分もの。 あらすじ 平凡な日々を送るジョエル(ジム・キャリー)。 正反対な性格のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と知り合�... [続きを読む]

受信: 2005/04/08 01:14

» エターナル・サンシャイン [金言豆のブログ]
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不眠のどん底に... [続きを読む]

受信: 2005/04/24 23:11

» エターナル・サンシャイン 評価額・700円 [Blog・キネマ文化論]
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル [続きを読む]

受信: 2005/09/08 13:48

» エターナル・サンシャイン [Rohi-ta_site.com]
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。 ●ストーリー ジョエル(ジム・キャリー)はある朝目覚め、会社に向かう駅のホームで、急にモントークに行きたくなり、走ってモントーク行きの列車へ飛び乗ってしまう。 どこへ行くとなく、冬の寂しい海を見つめているとオレンジ色のパーカーを着て青く髪を染めた女性が目に入る。 しばらく海で時間を潰し、モントーク駅で帰りの電車を待っていたジョエルは、海で..... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 05:05

» エターナル・サンシャイン [坂部千尋のsparrow diary]
 ”ケンカ別れした恋人の記憶を消してしまいたい”そんな気持ちなんて千尋は・・・・・超わかりますよ!{/hiyob_uru/}千尋も思ったりするよ{/hiyo_cry1/} ・・・・って思わず日記に何書いてんの千尋?{/hiyo_face/}落ち着け{/face_acha/}  とにかく非常に興味深かったエターナル・サンシャインをDVDで観ました{/kaeru_en2/}アカデミー脚本賞を受賞したこの映画{/kirakira/}あ�... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 02:37

» 「エターナルサンシャイン」 [ハッピーエンド]
彼等は失恋の苦しみから逃れる為に、恋人に関する全ての記憶を消そうとした。 しかし、脳から“思い出”を消したとしても、心の中の“愛”までは消せなかった―― ジム・キャリーのこんな真剣なラブストーリーが観れるとは! ストーリーも演技も素晴らしい作品です....... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 13:01

« 新じゃがと鶏手羽先の煮物 | トップページ | 文部科学省の「教育御意見箱」 »