« お知らせです | トップページ | 「まりもようかん」をご存じですか »

2005/03/17

「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」第五回・六回

すっかり「救命病棟24時」ホームページの名物コーナーとなった「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」、第五回と第六回をまとめてご紹介。

第五回のゲストはメイクの佐々木さん。
冒頭、前回若松監督が「じゃがいもでも送ってほしい」なんてうっかり言ってしまったら、やはり送られてきたじゃがいもを洋ちゃん見せながら「もう送ってこなくていいですからー」と。いやはや。
さて、佐々木さんはパート1からご担当とのことで、洋ちゃんから「ミスター救命病棟ですねぇ」と。
怪我や血など、メイクさんも他のドラマより苦労が多いとのこと。
奥さまが北海道出身で、当然大泉さんの大ファン。「そうでしょう~、そうなのにここのスタッフの僕の扱いはおかしい!」とぼやき。お土産合戦となって佐々木さんが持ってきたと言う「いかせんべい」、おいしそうですね。気になります。

第六回は持ち道具の工藤さん。
「今や超人気コーナー、ホームページでしか見れないプレミア映像」と自分で言ってます、洋ちゃん。
今回は名札の写真でかなりぼやきを聞かせます。何でも自分メイクでぱしっと取られた一枚がオープニングにまで使われてしまって、これじゃあいやだと思っている様子。監督やプロデューサー、それに工藤さんにも「いい写真ですよ」と言われても納得できないとぼやき続けます。
また、「小さな男と思われたくないんですがね」と言いながら聴診器が江口さんや松嶋さんの使っているものと違うことについて確認する洋ちゃん。「いや、ドクターと看護士は違うんです」と工藤さんから説明を受けてほっと安心。メインじゃないからなのか、と気にしていたところがかわいいです。

このコーナーは、実際「救命病棟24時」ホームページでかなりのアクセスを稼いでいるということを、「週刊ザテレビジョン」でプロデューサーが話していました。アクセスはファンが中心かもしれませんが、スタッフの方を丁寧に紹介しているところはとても好感が持てます。たとえ撮影終了後30分も40分も待たされて大変でも、大泉さんがんばって続けて下さい。

|

« お知らせです | トップページ | 「まりもようかん」をご存じですか »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/3273636

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」第五回・六回:

« お知らせです | トップページ | 「まりもようかん」をご存じですか »