« さつまいもをおかずに:鶏さつま | トップページ | 「ハウルの動く城」アゲイン »

2005/02/12

DVD 「あなたが寝てる間に・・・」

2月11日のWOWOWはサンドラ・ブロック特集をしていたようで、「スピード」「トゥー・ウィークス・ノーティス」などと一緒に放映されていたのがこの「あなたが寝てる間に…」。

駅で働くルーシー(サンドラ・ブロック)は身寄りのない一人暮らしの女性。毎日改札を通る名も知らぬハンサムなビジネスマン・ピーター(ピーター・ギャラガー)にひそかに憧れている。ある日突然駅のホームから転倒した憧れのピーターを助けるが、つきそった病院でつい口走った独り言から彼のフィアンセと勘違いされ、ピーターの家族や隣人たちに暖かく家族の一員として迎えられる。その様子に間違いを正す機会を逃し、昏睡状態の彼の看病を一緒に続けるルーシー。最初は疑念を持ったピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)もルーシーの人柄に彼女を信用。やがてルーシーとジャックは惹かれ合っていくのだが・・・。

ストーリーだけ追うと、よくあるちょっとコミカルなラブストーリーなのだが、善意の人達の勘違いが重なって起きる行き違いがテンポよく描かれ、くすくす笑いながらちょっとしんみり、のウェルメイドなお話になっている。また一方でファミリーの雑然としたあたたかさと対照的なルーシーの孤独感も伝わり、疑似家族の中で一時でも幸福感を感じていたルーシーのクライマックスでの台詞は胸に迫る。(何回見てもここで泣いてしまう。)
オープニングから音楽のセンスもよく、小道具(花束、スノードームなど)の使い方も登場人物のキャラクターをよく現していてなかなか上手い。

何より登場人物達が皆魅力的で、人間らしく嘘もつくしごまかしもする、けれど真摯に誠意を持って日々生きようとしていることがしっかり伝わってくるところが見ていて気持ちいい。サンドラ・ブロック演じるルーシーはとても愛らしく、大きなコートをざっくり着てわしわし歩く様子も何とも言えずチャーミング。ビル・プルマン演じるジャックのはにかむ笑顔もあたたかく、二人が凍った道路で足を取られながらお互いにしがみつくシーンはコミカルながらドキドキする。

そう、この映画で特筆すべきはビル・プルマン。なぜなら、私がこの前に見た出演作「「めぐり逢えたら」」「ジャック・サマースピー」では振られ役で、しかもそれが妙に似合っていた彼が、ようやくハッピーエンドの相手役になったからだ。
どちらかと言うと「あごの割れてないマイケル・ダグラス」的な、あまり印象に残らない人だったのが、このあと「インデペンデンス・デイ」でとうとう大統領役まで演じることになる彼のターニング・ポイントになった作品ではないかと勝手に思っている。
もちろん、このジャック役のビル・プルマンが私は一番好きだ。

クリスマスから年末の風景が物語を美しく彩り、このシーズンに大切な人と一緒に観たくなる作品。

監督は「クール・ランニング」「フェノミナン」のジョン・タートルトーブ。丁寧にエピソードを重ねていく作品作りをする監督だという印象がある。
ちなみに「フェノミナン」の主題歌はエリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」。

あなたが寝てる間に…
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2004/05/21)
売り上げランキング: 9,006
このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。
おすすめ度の平均: 4.86
4 キャスティングがいいかな
5 出会いは、すてきな“勘違い”から
5 秋から冬に見たくなる1本です

|

« さつまいもをおかずに:鶏さつま | トップページ | 「ハウルの動く城」アゲイン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2890095

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 「あなたが寝てる間に・・・」:

« さつまいもをおかずに:鶏さつま | トップページ | 「ハウルの動く城」アゲイン »