« 「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」第四回 | トップページ | 第77回アカデミー賞結果を見て »

2005/02/27

きのこと豚肉の具だくさんスープ

Kinoko_pork_vegitable_soup食物繊維が豊富で風味もいいきのこは、よく使う食材です。
特にきのこと根菜とお肉を使い、具だくさんのスープにすると、汁物とおかずを兼ねられて重宝です。
名付けて「きのこと豚肉の具だくさんスープ」。これも「スタミナ常夜鍋」と同様、「きょうの料理」に載っていた河村みち子さんのレシピに少々アレンジを加えています。

ポイントは、きのこを最初に蒸し煮にして余分な水分を出すこと。
こうすることでしゃきしゃきした歯触りを楽しめると同時に、ダシをよく出すことができます。
また、しいたけの軸を手で裂いて入れると、ここからもいいダシが出ます。捨てずに利用しましょう。

<材料(二人分目安)>
豚切り落とし・・・100~150グラム
しいたけ・・・4枚(1/2パック)
しめじ・・・1/2パック(100グラム)
まいたけ・・・1/2パック
エノキ・・・1/2パック
大根・・・輪切り4センチ程度
ニンジン・・・1/2本
塩・・・小さじ1
ごま油・・・小さじ1
酒・・・大さじ1
水・・・カップ3
鶏ガラスープの素・・・小さじ1

<作り方>
1.豚肉は軽く塩・こしょうし、少々置いておく
2.しいたけは軸を切り落とし、かさは細切り、軸は石づきを除いて細く裂く。まいたけ、しめじ、エノキは根元を除いて小房に分ける。
3.大根とニンジンは食べやすい厚さで銀杏切りにする。
4.厚手の鍋に2.を入れ、塩、こしょう少々、ごま油と酒を入れて蓋をし、4~5分蒸し煮にする。きのこがしんなりとして水気が出てきたら、水カップ3と3.を入れて、スープの素を加えて煮る。
5.大根とニンジンがやわらかくなったら1.を加えてさらに10分程度煮る。
6.塩としょうゆ少量で味を整え、できあがり。

きのこと根菜はそのままで、スープの素を中華風の素にして、肉を鶏ひき肉で団子にし、白菜を加え、もどした春雨を入れると、中華風具だくさんスープに早変わり。また水ギョウザを入れたり、いろいろとアレンジが楽しめます。
野菜をたくさん食べられてヘルシーな一品。きのこ好きの方、どうぞお試しください。

|

« 「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」第四回 | トップページ | 第77回アカデミー賞結果を見て »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/3105158

この記事へのトラックバック一覧です: きのこと豚肉の具だくさんスープ:

« 「佐倉亮太の“この人だ~れ?”」第四回 | トップページ | 第77回アカデミー賞結果を見て »