« 東急ハンズ渋谷店で、大泉洋プロデュース「本日のスープカレーのスープ」販売開始 | トップページ | 女の侠気、男の涙。 »

2005/01/23

かんたん「牡蠣ごはん」

牡蠣の旬と言われる冬。
夏の岩ガキも非常に美味なのですが、一般的にはやはり冬が「牡蠣本番」ムードになります。
そんな季節になると我が家の食卓に登場するのが、「牡蠣ごはん」。

要は牡蠣の炊き込みご飯なんですが、簡単に作れて、しかもおいしい。
スーパーで配られていたレシピで見つけたのですが、牡蠣好きの私たちにうってつけの料理として定番になっています。
たっぷりの青ねぎとしょうゆ味で牡蠣のだしが染みたご飯の相性は絶妙。

<材料(二人分目安)>
生牡蠣・・・ 1パック(160グラム程度)
米・・・1カップ
しょうゆ・・・大さじ1.5
酒・・・大さじ1.5
しょうが・・・1かけ
塩・・・大さじ1
水・・・1カップ
青ねぎ・・・適宜(我が家は一束全部を小口切りにしたものを半分使います)

<作り方>
1.牡蠣はざるにあけて、塩をふり、水で洗って汚れを落とす
2.米を研ぎ、釜に入れておく
3.しょうがはすりおろしておく
4.お湯を沸かし、熱湯を牡蠣にまんべんなくかけて、そのあとしょうがの絞り汁をふりかける。これにより臭みを抑える。
5.釜にカップ1の水としょうゆ、酒を入れ、下ごしらえした牡蠣を乗せ、炊飯器のスイッチを入れる
6.青ねぎを小口切りにしておく
7.ご飯が炊けたら10分ほど蒸らす
8.お茶碗に盛り、青ねぎをたっぷりかけて食べる。途中でねぎがなくなったら追加できるよう、刻んだねぎは食卓に置いておくといいでしょう

牡蠣を湯通ししておくのがポイントです。ためしに湯通ししないで作ってみたことがありますが、できあがったものは牡蠣がしなびてしまってぜんぜん美味しくありませんでした。湯通しすることで牡蠣がぷりぷりしたまま仕上がります。

|

« 東急ハンズ渋谷店で、大泉洋プロデュース「本日のスープカレーのスープ」販売開始 | トップページ | 女の侠気、男の涙。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2666912

この記事へのトラックバック一覧です: かんたん「牡蠣ごはん」:

« 東急ハンズ渋谷店で、大泉洋プロデュース「本日のスープカレーのスープ」販売開始 | トップページ | 女の侠気、男の涙。 »