« かんたん「牡蠣ごはん」 | トップページ | 「救命病棟24時」第二回&第三回~洋ちゃん、おいしい »

2005/01/23

女の侠気、男の涙。

年末に友人に紹介されて、以降愛読し始めたブログに「言戯(ことざれ)」というサイトがあります。
筆者は寿(とし)さんという男性。陶芸家・石窯師として生活している方らしいのですが、日々の中で感じたことをイラスト付きで書かれているそのひねった視点とほのぼの加減が、疲れた心をリフレッシュさせてくれます。

そこに登場する重要人物が恋人の相方さん。淡々とした様子が寿さんとのナイスなコンビネーションとなっていて、けっこう相方さんファンだったりもするんですが、どうやらお二人今回結婚を決意した模様。
まずは、おめでとうございます、ということなんですが、そこに至る過程について書かれた記事が、私の心を打ちました。

それは、「相方の覚悟。」という題名の記事。

詳細は省きます(と言うか、最近読み出したので過去の経緯をあまりよく知らないのです)が、いろいろあって、寿さんにとって結婚と職業の選択が同タイミングになってしまったらしく、自分の意志を貫こうとすると失業してプロポーズ、という事態を迎えてしまうかも、という状況になったようなのです。
で、どうしようか悩んだあげく、最悪別れ話も覚悟の上で相方さんに事情を正直に打ち明けたところ。

「まあ、それがどうしても無理なら、食べていく方法はいくらでもあるよ。もちろん私は働くし、なにより・・
私はトシさんの嫁になろうと思っているからね」

といつものように淡々と言う彼女。
(この言葉が寿さんのハートに「ドゴン!」と響いた様子がイラストになっています。)

その後「ビンボーには慣れてるから」という言葉に続き、一番私に響いたのは相方さんの次の言葉。

「それに、私、トシさんと逢うまでは、本気で『一人で生きていこう、生きていける』って思ってたからね。その考えをトシさんに変えてもらったんだから、一緒に行きたいんだ。」

こんな風に言われたら、寿さんでなくたって涙こらえてしまいますよ。

相方さんは、自分にとっての幸せが何なのか、きっちり知っている方なんだろうなと思いました。
そしてそれを他人に要求するんじゃなく、自らつかみ取ろうとする方。「誰かにおんぶして幸せにしてもらおう」なんて発想、きっと全くないんだと思います。
・・・こんないい女、一生手放しちゃいけませんよっ。

「一人で生きていこう、生きていける」と思い至るまできっといろいろあったのだと思います。だけど、それを「二人で生きていこう」と考えを変えることができるパートナーと出会えたことは、きっと彼女にとっても大きなうれしい変化だったのでしょう。

きっと出会うべくして出会ったお二人。
手を取り合って、一緒に幸せに向かって歩いて行って下さい。
と、お会いしたこともないブログの作者に向けて言うのも変な話ですが、どうしても書きたくなってエントリ起こしてしまいました。

|

« かんたん「牡蠣ごはん」 | トップページ | 「救命病棟24時」第二回&第三回~洋ちゃん、おいしい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

くりおねさまっっ!
「ココログ新年会にもしやいらしているのでは?」などと淡い期待をしていたfumi_oです。(^^ゞ
ニシオさんのコメント欄を拝見しました。
うんうん。私も半分頭来てました。(詳しくは当ブログのコメント欄で 汗)

さてー
私も「言戯」さんはいつも見ていて、いつ結婚するのかなーとか気になっていたのですが、くりおねさんがご紹介されているエントリを拝見して、私も胸打たれました。
私の場合は、結婚も出産も"頭で"した女なので、180度違う相方さんのような強い女にはある意味ショックを受け、尚且つ憧れの気持ちも持ちました。
こうして2人のことをブログにずーっと書き綴っている寿さんもすばらしいなと、若い2人を応援したい気持ちで一杯になりますね。

投稿: fumi_o | 2005/01/25 16:36

>fumi_oさまっっ
コメントをありがとうございます。

ココログ新年会、もともと所用があって出席はできなかったのですが、あちこちで漏れ聞く当日の様子はなかなか大変だったような・・・もごもごもご。

「言戯」の寿さんと相方さん、お二人ともとても信頼し合っている様子がブログから伺えますよね。寿さんは失業の危機はひとまず脱したようですが、これから先いろんなことが起きても、今のままの気持ちで二人で乗り切っていけるよう、私も引き続き応援したいと思います。

投稿: くりおね | 2005/01/26 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女の侠気、男の涙。:

» 「言戯」の新たな旅立ちにエール [H-Yamaguchi.net]
今や数え切れないほど増えたblogの中で、私が毎日必ずチェックする唯一のblog [続きを読む]

受信: 2005/01/26 01:14

« かんたん「牡蠣ごはん」 | トップページ | 「救命病棟24時」第二回&第三回~洋ちゃん、おいしい »