« 白菜と豚肉の重ね鍋 | トップページ | 「救命病棟24時」第四回~洋ちゃん、およばず »

2005/01/31

グリューワインで暖まろう

昨年東急東横店で売っているのを見つけて買い始めた「グリューワイン」。
ドイツで冬になるとよく飲まれている(屋台も出るらしい)ホットワインで、赤ワインにアニス、シナモン、クローブ、カルダモンといったハーブの香りをつけたものです。

本来は赤ワインに砂糖とハーブを入れて作るもののようですが、私が買ってくるものはすでに味付けがされていて、そのまま鍋であたためたり、日本酒の熱燗をつける要領で電子レンジで温めればすぐに飲めます。現地では55度~60度くらいで飲まれることが多いようです。

検索してみたら、「越冬ぶろぐ」さんで私が買ってきたものと同じ種類のグリューワインを紹介されていました。
「Bacchusfeuer Christkindles Glühwein」です。(文字化けしていたらご容赦ください)

同様に温めるだけでOKという種類のものはグートロイトハウスのグリューワインが白鶴酒造の輸入品として流通しているとのこと。いろいろあるんですねぇ。

いい香りのするあたたかい赤ワインをすすりながら、お気に入りのマンガを読んで過ごす冬の夜。もともとは寝つけない夜を何とかしようと買ってきたものでしたが、いつの間にかこちらが楽しみになってしまったりして。
去年は「奈津の蔵」をお供に、ワインを飲みながら日本酒の話を読んでいたわけですが、今年は何にしようかな。

|

« 白菜と豚肉の重ね鍋 | トップページ | 「救命病棟24時」第四回~洋ちゃん、およばず »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

くりおねさまっっ
こちらのエントリー拝見して思い出しました。
私、昨年のクリスマスにはグリューワインを飲みながらシュトーレンをつまむつもりだったんだって。。。(汗
すっかり忘れていた。(^^ゞ よしっ今度こそ買いに行こう!

投稿: fumi_o | 2005/02/01 17:51

>くりおねさーん

ニシオもグリューワイン好きだ☆
自分で適当に作ってるんで、本物とは雲泥の味の差が
あるかもしれんがそれでもいーんである。
ワインは開けたらスグに飲みきらんとアカンが
ウチは残る…っつーか残すんで
その後ハーブを放り込んでしまふ。
夏なんか冷たくて、味わいが変わって良し♪

投稿: ニシオ | 2005/02/02 11:18

>fumi_oさまっっ
クリスマスのお楽しみが延期になっていたんですね(笑)。
ちょうど最近寒いんで、まさにグリューワイン日和ではないかと。

>ニシオさーん
ニシオさんちもグリューワインされるんですね。けっこう飲まれる方多いんだなあ。
飲み残しのワインにハーブを入れてグリューワインにする、というのはいいアイデアですね。一本を二人であけるのって、平日はけっこうキビしいんですよね。今度グリューワインの素を買ってきて、試してみようかな。

投稿: くりおね | 2005/02/02 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2750510

この記事へのトラックバック一覧です: グリューワインで暖まろう:

« 白菜と豚肉の重ね鍋 | トップページ | 「救命病棟24時」第四回~洋ちゃん、およばず »