« COMIC 「アルコール」西村しのぶ(YOUNG YOU 1月号) | トップページ | 12/16 tvk「sakusaku」にミスター出演 »

2004/12/12

MOVIE 「ハウルの動く城」

ハウルの動く城」をようやく観てきた。
今回は賛否両論が多いようで、どんなものかと思いながら観てきたが、単純に言うと「普通」だろうか。
つまらないわけではない。そこそこ面白い。ただ、すごく面白かった、と人に勧めるかというとそこまでではない、という感想だ。
これは個人的好みの範疇ということでご勘弁願いたい。

前作「千と千尋の神隠し」を観た時は、観終わったあとも物語の世界がしばらく頭の中に残るくらい、ハマったのだが、今回はそういうことがなかった。ただそれだけのことだ。
私自身が宮崎アニメにファンタジックな、「どこにもないここだけの世界」的な要素を大きく求めているからかもしれない。「動く城」そのものはとてもわくわくしたから。

木村拓哉は、一部で叩かれているほど悪くはなかった。と言うか、観ている時はキムタクだということをすっかり忘れて、ただの若者の声として聞いていたんで、むしろ成功なのではないだろうか。

そんでもって、「かかしのカブ」の大泉洋。なるほどね、最初の頃は「王子」役と聞いてたのに直近になったら「かかしのカブ」だったのは、こういうことだったのね。
かなり早い時期から登場。「うわ、こんなに早く出てくるの」と驚くくらい。そして、ほとんど出ずっぱり。
カブのファニーフェースが愛らしく、ソフィーへの献身もいじらしく、いつの間にかソフィーとハウルよりカブに注目して観続けてしまった次第。まあこれは大泉洋ファンゆえの倒錯と思っていただければ。
パンフレットにも見慣れた写真入りで登場なのがうれしい。

他のNACSにーさんたち(安田顕森崎博之佐藤重幸音尾琢真)もちゃんとクレジットにあったけど、どの声なのかとうとうわからずじまいだったのが残念。

というわけで、「ハウルの動く城」を見て、自分が「水曜どうでしょう」とOFFICE CUEにどれだけハマってるかということを期せずして思い知らされたわけで。・・・なんか違うぞ。

|

« COMIC 「アルコール」西村しのぶ(YOUNG YOU 1月号) | トップページ | 12/16 tvk「sakusaku」にミスター出演 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>くりおねさん

おおっ、やはりそーゆー感想なんだ。
「千と千尋の神隠し」に対して「ハウルの動く城」を外国の映画祭が
あんまし評価せんかったってのはこーゆー事かとニシオも見た時に
妙に納得したかも。
ただ、いくら偉大な宮崎監督っつっても2・3年に1度の割合で(しかも高齢なのに)
世界を震撼させる作品を作れってのは大変かも…
それでも一定レベル以上のモンを作れるアタリはさすがじゃと感動したっス。

投稿: ニシオ | 2004/12/13 13:22

>ニシオさん
どもです。
「ハウル」がダメだったと言うつもりは全くありません。
「一定レベル以上のモンを作れる」ところは、私もすごいと思います。
ただ、私が受けた感動の深さが違っていた、というだけなのです。その理由は比較対象が「千尋」になってしまったからかな、と。
このあたりは人それぞれなのかなあとも思っています。
蛇足ですが、ジブリ名物「うまそうにものを食べる」シーンが今回も健在だったのはうれしかったです。

投稿: くりおね | 2004/12/13 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2246711

この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE 「ハウルの動く城」:

« COMIC 「アルコール」西村しのぶ(YOUNG YOU 1月号) | トップページ | 12/16 tvk「sakusaku」にミスター出演 »