« BOOK 「セクシャルアビューズ」 山口遼子 | トップページ | タイムスリップグリコ“思い出のマガジン”シリーズ発表 »

2004/12/03

12月の観劇リスト~能楽・NACSそしてNODA・MAP

年の瀬のこの時期に、なぜか観劇予定が集中。見たいと思ったものが運良くチケット入手でき、こうなってしまいました。

12月18日(土)は能楽。「響の会 第24回研究公演」を青山の銕仙会能楽研究所にて。第一部、第二部とありますが、私は午後2時開始の第一部を予約。
能は「松風」というものなのですが、なんとそのアイ(能の中で狂言師が演じる部分・その役柄を間(アイ)と呼ぶ。)で野村萬斎さんが出演。生で見るのは初めてなので、とても楽しみです。
花よりも花の如く」でおなじみの青山の銕仙会能楽研究所も今回が初めて。成田美名子さんの姿を探してしまいそうです。

◆「松風」参考リンク
松風ゆかりの地(謡蹟を訪ねて)

12月21日はTEAM NACSの「LOOSER~失い続けてしまうアルバム」at 日本青年館。以前このブログでチケットゲットの瞬間についての記事を書かせていただいた、大泉洋出演のあれです。個人的にはonちゃんこと安田顕のふんどし姿が楽しみ。

そして12月23日は、NODA・MAPの「走れメルス~少女の唇からはダイナマイト!」」。なにせ俳優陣がすごい。深津絵里、小西真奈美という女優陣ももちろんだけど、古田新太、河原雅彦(ともさかりえの旦那様ね)、そして「新選組!」の藤堂平助役で喝采を浴びた中村勘太郎。もちろん同じく「新選組!」で勝海舟を演じた野田秀樹も出演。この顔合わせを見ただけでわくわくしてきます。

伝統芸能、新鋭、ベテランと趣は違いますが、生身の人間が表現に集中するあの雰囲気はきっと同じ。
どんな感動がそれぞれの舞台から生まれるのか、今からとても楽しみにしている3本です。

|

« BOOK 「セクシャルアビューズ」 山口遼子 | トップページ | タイムスリップグリコ“思い出のマガジン”シリーズ発表 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

「能楽・狂言・伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2136011

この記事へのトラックバック一覧です: 12月の観劇リスト~能楽・NACSそしてNODA・MAP:

« BOOK 「セクシャルアビューズ」 山口遼子 | トップページ | タイムスリップグリコ“思い出のマガジン”シリーズ発表 »