« 年末年始、tvkさんでどうでしょう新作が見れる | トップページ | I LOVE 紅玉 »

2004/11/21

「新選組!」東へ

新選組!」も鳥羽伏見の戦いが終わり、いよいよ物語は終局に向かっていく様子。
今日は「目立たないため覚えてもらえない」ことを買われて監察として入隊した山崎烝が、とうとう死んでしまいました。

先週の源さんが亡くなってしまったシーンでは、斎藤一の怒号の斬りに号泣してしまいましたが、「かのこの劇場メモ~半券の余白」さんの「『新選組!』~源さん死す」を読んでいたら、山崎役の桂吉弥さんは本職が落語家さんなのだということが紹介されていて、びっくり。
公式ホームページでは、「新選組日記」というタイトルで、山崎の目から見た新選組のお話の世界を裏話風に書かれていて、これがなかなか読ませます。

これから近藤勇の板橋での斬首に向かって一直線かと思うと、悲しいですね。

ところで、11月18日の朝日新聞東京本社版33面「今日の番組」にある「はがき通信」欄で、東京都の小学一年生の女の子(櫛部紗永さん)が寄せていたこんな投書が。

「(前略)わたしがすきなひとはおにのふくちょう『土方としぞう』です。えがおがすてきで、おもしろいです。やまなみさんがせっぷくして、きょくちょうとおおなきしているところがよかったです。」

思わず胸にじーんときました。わたしもあの「友の死」の回は全部好きで、とりわけ明里との別れと土方の大泣きはとても印象的でしたから。
役者さんたちは皆役にぴったりですが、特に土方歳三役の山本耕史と斎藤一役のオダギリジョーはこれ以上ないくらいの当たり役だと思います。

|

« 年末年始、tvkさんでどうでしょう新作が見れる | トップページ | I LOVE 紅玉 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/2027594

この記事へのトラックバック一覧です: 「新選組!」東へ:

« 年末年始、tvkさんでどうでしょう新作が見れる | トップページ | I LOVE 紅玉 »