« 新聞記者による「新潟県中越地震ボランティア日記」 | トップページ | 東急ハンズ渋谷店で「どうでしょうグッズ」まだ買えます »

2004/11/07

林敏之さんのブログ

林敏之さん。その昔「壊し屋」の異名を取り、「ダイマル」のあだ名で親しまれた、元ラグビー日本代表のロック。

その林さんが、ブログを開設していたのを知りました。

林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ

(林さんのプロフィールは公式ホームページの「プロフィール」をご覧下さい)
オックスフォード大学留学中に、ケンブリッジ大学との定期戦(バーシティー・マッチ)に出場してブルーの称号を獲得。その後英国の名門バーバリアンズ・クラブに招待された。いずれも東洋人初の快挙。
・・・といった輝かしい経歴は聞いていましたが、実は私は林さんのプレイヤー全盛期をリアルタイムで見ることはできませんでした。林さんというプレイヤーの名前を聞いたときは既に引退直前だったのです。残念でした。

以前青山のカンタベリーショップの2Fに「スタインラガークラブ」という名前のパブがあった頃、何かの試合の後に観戦仲間たちと立ち寄って飲んでいたら、林さんを含むご一行がいらして、仲間が思い切って話しかけるのに一緒についていったところ、迷惑がられるどころか歓迎され、一緒に写真を撮らせていただいたことがありました。ファンを大切にしてくださる、とても懐の広い方だなあ、と思い、すごくうれしく感じたことを覚えています。

現在は後進の指導と研修のお仕事をしていらっしゃる林さん。
これからもどんどんブログでご自身の活動やラグビーについてお考えになられていることを発信していただきたいなあ、と思っています。そして、ラガーマンのみなさんにもブログを広げていただければ、とも。

ところで、その林さんのブログの「新潟県中越地震」という記事で、新潟県中越地震被災地に関する例のチェーンメールが紹介されていました。
阪神大震災を経験された林さんとしては何か役に立ちたい、というお気持ちだったのだろうと思います。
話題として取り上げていただいたことは、新潟出身者としてとてもありがたく思います。このメールはそういったみなさんの善意で大きく広がったものです。
ただ、一点ご注意いただきたいのは、被災地の状況はどんどん変わっており、現在ここに書かれている物資は間に合っている状況とのことです。
林さんのこの記事で初めてこの情報を知る方がもしいらしたら、救援物資については現地にご確認いただいてからご支援いただきますよう、くれぐれもお願いいたします。

※尚、この情報がなぜ「例のチェーンメール」と呼ばれているかは、下記記事をご参照いただければその経緯をおおむねご理解いただけるかと思います。ご参照いただければ幸いです。

Re^3: 新潟県中越地震:Web 上で更に増殖する「例のチェーンメール」(ひろの日記帳@INTERNATIONAL CAFETERIA)

|

« 新聞記者による「新潟県中越地震ボランティア日記」 | トップページ | 東急ハンズ渋谷店で「どうでしょうグッズ」まだ買えます »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

役立つ情報技術ですが、情報自体が落とし穴になりうる、ということですね。気をつけたいものです。

投稿: 山口 浩 | 2004/11/08 16:24

くりおねさん今日は。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
「壊し屋」であるが自身の体をボロボロにして頑張っていた林さん。
同じ年の生まれなのでず~と応援してました。
派手なプレーは無いんですがいつも無くてはならない縁の下の力持ちでした。
いよいよblog発信と言うことで早速見に行ってきます。

チェーンメールには困ったものだと思います。
真面目に考えている方の方が騙され易いというのも納得いかないですね。

投稿: Tomcats23 | 2004/11/08 17:09

>山口浩さん
今回はブログとメールの組み合わせで、情報があっと言う間に広まったようです。でもネットワーカーのすごいのは、災害時の草の根情報発信についての「押さえどころ」をまとめたガイドライン案を作られた方がいらっしゃること。これは別記事で取り上げようと思います。
最低限、情報のタイムスタンプとにニュースソースは常に明らかにするべきでしょうね。

>Tomcats23さん
林さんの話題でどこまで反応があるのか、実は少々不安でした。コメントありがとうございます。
林さんは決して派手なプレイヤーではないけれど、ファンの多い方だったと思います。一度お会いした時のあのあたたかさは忘れられません。

今回の「チェーンメール」については、たまたま情報が一人歩きしてしまった感があり、つなげた方々を責めるつもりはありません。ただ、自分自身が情報を発信する側になった時には、(今回のような災害情報の場合特に)その質も問われるという意識を持たなければいけない、ということなんでしょうね。

投稿: くりおね | 2004/11/11 09:07

こんばんは。
私は、以前林さんの講演を聴いたことがあります。
とても丁寧にお話されますが、
気持ちが入ってくると
シンクロして声も大きくなってくるという感じでした。
ブログに書いておられる文章のままの、
とてもアツく真っ直ぐな方だったという印象です。

きっとチェーンメールの件も、
真っ直ぐさゆえのダイレクトな気持ちの
表れだったのでは、と思います。
いい悪いは別にして。

ラガーマンの皆さんにも、
ぜひブログ書いてほしいですね。
でも、これからシーズン大詰めだから、
どうですかねぇ……。

投稿: りびん | 2004/11/12 00:37

>りびんさん
こんにちは。コメントをありがとうございました。
林さんの講演を聞かれたのですね。
熱くなってくると声も大きくなる様子、目に浮かぶようです。
ラガーマンの方は、村田亙さんをはじめとしてホームページ持っている方がけっこういらっしゃるんで、その「日記」や「活動報告」の部分をブログにしてくださるとうれしいんだけどなあ、なんて勝手なことを考えてしまいます。

投稿: くりおね | 2004/11/14 21:44

みなさん、始めまして。ただよんと申します。
偶然、この記事を発見いたしましたので、コメントを見ていただけるかどうか解りませんが・・・。

ここで、ガイドラインのお話が出ておりますが私はその作者であります。現在、ガイドラインの製作は事情で一休みしております。
新しく専用ページを作りまして、正式公開に向けて準備中です。http://blog.goo.ne.jp/tadayon2004/(仮運営につき、TBのみ受け付けています)
ご紹介頂いてありがとうございました。

投稿: ただよん | 2004/12/06 21:26

>ただよんさん
コメントをありがとうございます。
記事にすると言いながらぐずぐずしていたら、今はお休みされていたのですね。大変失礼いたしました。
とても有用なものだと思いますので、正式公開をお待ちしております。

投稿: くりおね | 2004/12/12 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林敏之さんのブログ:

« 新聞記者による「新潟県中越地震ボランティア日記」 | トップページ | 東急ハンズ渋谷店で「どうでしょうグッズ」まだ買えます »