« 朝日新聞beで公的年金タスクフォースの記事 | トップページ | TV LIVE 「佐藤竹善 弾き語りコンサート」 »

2004/10/09

MOVIE 「スクール・ウォーズ/HERO」

「アンタの先生はアンタを見捨てなかった」
彼がもうダメだ、とあきらめようとしたその時の妻のこの言葉が、その後彼を支え、そして奇跡の全国制覇へとつながっていく。

スクール・ウォーズ/HERO」。以前のエントリで紹介した映画を、やっと観てきた。

舞台は京都・伏見の伏見第一工業高校。校内暴力で荒れるこの学校に、ラグビー日本代表経験者の山上が体育教師として赴任する。しかし生徒たちは彼を拒絶し、教師たちからも孤立する中、ラグビー部を建て直そうとする山上。果たして、ラグビー部は、学校は再生できるのか。
(詳細ストーリーはこちらをどうぞ)

プロジェクトXで「ツッパリ生徒と泣き虫先生」の物語として放映されたので、原作の方をご存じの方も多いだろう。映画はその実話に沿ってすすめられている。にしても、これが実話というのもすごいことだ。

照英は体当たりの演技で、怒り、悲しみ、喜び、そして泣いてくれた。期待通りの泣きっぷり。
泣きながら生徒たちを殴るシーンは観ているこちらも痛かった。拳の痛みと、胸の痛み。

印象的だったのは、「弥栄の信吾」と恐れられた孤独な少年が、山上の説得にラグビーを始め、そして部員に心を開いていく過程。
怠け者で飲んだくれの父親が、息子のために飯場で働き、手に入れたスパイクを渡す時に言う言葉「人に本当に必要とされるということは、人生でそんなにあるものじゃない」。

一個のボール。一組のスパイク。
教師から生徒へ、父から息子へ、手渡されるそれらのものが、人生を変えていく。変えることができるというメッセージ。

ラグビーファンとしては試合のシーンもつい気になってしまうのだが、キャストはかなり練習していたと見え、ちゃんとラグビーをやっていた(というのも妙だが)と思う。
元ジャパン(日本代表)の大八木さんや石塚さんも出てくるので、ファンの方はお楽しみに。

|

« 朝日新聞beで公的年金タスクフォースの記事 | トップページ | TV LIVE 「佐藤竹善 弾き語りコンサート」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

くりおねさん、今日は。
観られましたか、僕も行こう行こうでなかなか観にいけていません。
石塚さんは最も憧れの選手でした。
早く観に行きたいです。
トラックバックありがとうございます。

投稿: Tomcats23 | 2004/10/10 12:59

>Tomcats23さん
やっと観ましたので、トラックバックさせていただきました。
どうか観に行かれて、照英の涙にヤラれてきてくださいませ。

投稿: くりおね | 2004/10/13 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/1625745

この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE 「スクール・ウォーズ/HERO」:

» 『スクール・ウォーズ/HERO』 汗と涙の青春 [*モナミ*]
『スクール・ウォーズ/HERO』(音が出ます!)見ました。これが実話だったとは!(驚)1974年、京都の伏見第一工業高校は校内暴力が横行し、荒廃しきっていた。そ... [続きを読む]

受信: 2004/11/26 08:21

« 朝日新聞beで公的年金タスクフォースの記事 | トップページ | TV LIVE 「佐藤竹善 弾き語りコンサート」 »