« 新潟・笹川流れ | トップページ | 「水曜どうでしょう」DVD海賊版被告に有罪 »

2004/09/03

ナス食う人々

週末帰省をしていた。二年ぶりの帰省の目的は、夏の新潟のうまいものたち。
中でも、私の大きなお目当て、それはナス。

ナス。

・・・なんでそんなものが?とおっしゃるあなた。新潟のナスを知りませんね。

知られざるナス王国・新潟は、料理法別にナスがあるのだ。

焼いて皮をむいて食べる“焼きなす”のための「焼きナス」。漬物用の「漬けナス」(えんぴつナスとも言う)。普通の料理用の「ナス」。
これが当たり前だと思って過ごして、上京した私は、夏になって焼きなすを食べたくなり、スーパーに行って驚いた。
普通の料理用のナスしかないじゃん!

しょうがないので普通のナスでやってみたが。

皮がむけない。
身がぱさぱさ。ぼそぼそする。
・・・おいしくないっ!

私の知ってる焼きナスってのは、こんがり焼いて、そのまま水に浸して皮をむくとするするするっとむけて、しかも身はみずみずしい、うんまあいものなのに。

というわけで、東京で食べるのはあきらめ、以降夏に帰省した時のお楽しみにしていた。

帰りに母にお土産として、焼きナスを持たされる。(他にもいごねりやら寒梅やら十全ナスの漬物やら茶豆やら。)

これが現物。
nasu.jpg
左側が通常売ってるナス。大きさも違うし、ツヤ、ハリ共に違うのがわかると思う。

喜び勇んで網で焼き、皮をむき、花カツオを乗せてばくばくっと一気に食べた。
・・・あっ!写真に撮っておけばよかった!
あまりにうれしくて、そんなこと思いつく間もなく食べてしまった。
そのくらい、美味しいものなのだ。新潟の「焼きナス」で作った焼きなすは。

参考リンク:
新潟県ホームページ「旬情報なす

新潟県は日本一の栽培面積を誇り、県民は日本一なすを食べていると言われています。(中略)
漬物には色彩がよく小振りなきんちゃく型、特にからし漬けには小型のものが向き、煮物や炒め物には煮くずれしない身のしまった丸なす、焼く場合は果肉のやわらかい長なすと用途により、品種を使い分けるのがポイントです。

来年も食べるぞ、焼きなす。

|

« 新潟・笹川流れ | トップページ | 「水曜どうでしょう」DVD海賊版被告に有罪 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

動物王国かと思ったら、本物のなすびだったんですね。
焼きなす専用があるとは知りませんでした。

この辺は居酒屋で焼きナスを頼んでも、身の細くなったヤツが出てきます。
食べるところが小さいから、「あー煮びたしにしとくんだった」と思っておりました。

新潟がナスの王国だってのも知りませんでした。
名産といえば米と酒と魚介類だとばかり。
スキーに行って食べたものしか認識してなかったんです。

投稿: ミズタマのチチ | 2004/09/03 11:48

>新潟がナスの王国だってのも知りませんでした。

実は私も新潟を出るまで知りませんでした。こんな身近なものが名産だったなんて。でもほとんど県内で消費するんで、県外に出ないというのが無名な理由らしいです。

新潟の焼きナスで作った焼きなす、一度食べさせてあげたいです。ホント、焼きなす観が変わりますよ。

投稿: くりおね | 2004/09/04 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/1344193

この記事へのトラックバック一覧です: ナス食う人々:

« 新潟・笹川流れ | トップページ | 「水曜どうでしょう」DVD海賊版被告に有罪 »