« 旭川市旭山動物園園長・小菅正夫さんインタビュー記事 | トップページ | 「月刊!木村剛」vol.2そして書籍版「電車男」 »

2004/09/21

PLAY 「ママがわたしに言ったこと」

会場の照明が落ち、音楽が流れる中、やがて客席後ろの四つの扉から、白い衣装を来た女優たちが一人ずつ、ゆっくりと中央の円形舞台に向かって歩いていく。私の横を通りすぎたのは大竹しのぶ。彼女のまわりにはすでに物語の空間ができあがっていて、そのまま私たちは舞台の中へと連れて行かれる。

青山円形劇場で「ママがわたしに言ったこと」(原題:My mother said, I never should)を観てきた。

木内みどり、渡辺えり子、大竹しのぶ、富田靖子。この四人の女優が母と娘のテーマのお芝居をやる。
そう聞けば、チケットを買わないはずがない。

ドリス、マーガレット、ジャッキー、ロージー。
彼女たちはあろうことか、自分たちの「ママ」を殺そうと相談している。
紐で縛って線路沿いの穴のあいた場所へ連れていき、心臓に杭を打ち込む。それが彼女たちのプラン。
 けれど、そのプランは決して成功することはない。
なぜなら本当は、ドリスはマーガレットの、マーガレットはジャッキーの、ジャッキーはロージーの「ママ」なのだから。

ストーリーを引っ張っていくのは、ジャッキー(大竹しのぶ)とロージー(富田靖子)母子の物語だが、そこには重低音のようにドリス(木内みどり)の存在が響き、鍵となるのは実はマーガレット(渡辺えり子)だったりする。
戦争などの時代背景の違い、恋愛観・人生観の違い。それらをちりばめながらも、彼女たち四人が言いたいことは
「ママ、このままの私を好きになって!このままの私を見て!他の何とも比べないで!他の何かに押し込めようとしないで!」
こんな叫びだったのではないか。

手の届きそうな距離で、女優たちが笑い、泣き、怒り、寂しがる様子が見れるのはなんて幸福なことなんだろう。
彼女たちは全力でママと娘を演じきっていた。

途中遺品の片づけのシーンでマーガレットが唐突に「あんた普段違うのにどうしていきなりテキパキしてるのよ」とつっこんだあたりから5分ほどはおそらくアドリブのやりとりなのだろう。かなり素に近い様子で、つっこみ漫才を見ているようだった。マクベス夫人のセリフをジャッキーが言い、「なんであんた知ってるのよ」と聞くマーガレットに「あたしやったもの。あなたは見に来なかったかもしれないけど」というやりとりには爆笑。

終了後、木内みどりは涙ぐんだままで、ハンカチで目をぬぐいながらの挨拶だった。大竹しのぶはいつものように、この世とあの世の真ん中にいるような少し呆けた表情。渡辺えり子はどっしり拍手を受け、富田靖子は満足げなキラキラした表情をしていた。
アンコールで引っ込もうとした木内みどりの靴のヒールが板の間に挟まって、足を取られて、靴を脱いで去って行ったのはご愛嬌。

芝居が終わってふと舞台上を眺めると、そこには丸い刺繍枠と、作りかけのクロスステッチ。刺繍針がずぶりと刺さり、糸が下まで張られている。その糸はへその緒のようにも見え、切りたくても切れない、なくして初めて気づく母と娘の絆のようにも見えた。

10月3日まで上演中。当日券あり(チケット情報はこちらをどうぞ)。

|

« 旭川市旭山動物園園長・小菅正夫さんインタビュー記事 | トップページ | 「月刊!木村剛」vol.2そして書籍版「電車男」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/1479368

この記事へのトラックバック一覧です: PLAY 「ママがわたしに言ったこと」:

« 旭川市旭山動物園園長・小菅正夫さんインタビュー記事 | トップページ | 「月刊!木村剛」vol.2そして書籍版「電車男」 »