« MOVIE 「誰も知らない Nobody Knows」 | トップページ | BOOK 「1ポンドの悲しみ」 石田衣良 »

2004/09/13

AERAにブロガー登場・29manさん

先週の「週刊!木村剛」でも紹介されていましたが、AERA今週号('04.9.20)に、伝説のイベント・木村剛とブロガーのオフサイド取引で有名な29manさんが登場しています。
「ワンランクアップの情報武装術~リフレッシャーズ必読~」というとじこみ特集内で、同じくブロガー「日本全国・見たいもんはみたいぞの会」のいしたにまさきさんと写真入りで掲載。

いやあ、もう、カッコよすぎ!
AERA編集部に「あのステキなモデルさんは誰ですか?」という問い合わせが殺到するんではないかと、他人事ながらドキドキしております。

思い起こせば、ゴールデンウイークに入る前に告知された「ゴーログ交流会」。ここに29manさんと小鳥さんが来る、ということで、木村さんもさることながらこのお二人に会ってみたい!というのが私のブログオフデビューのきっかけでした。この「ゴーログ交流会」に出ることがなければ、その後年金問題でトラックバックを重ね、あげくの果てには公的年金タスクフォースに参加するなんてことはなかったのです。29manさんは私のブログライフを広げる大きな大きなきっかけをくれた方でした。

ブログから生まれたBlogstar・最先端候補として、29manさんには今後とも公私ともにブログばりばり突っ走っていただきたく、一ファンとして願う次第です。

追伸:
余談ですが、最初目次を見てもなかなかどの記事がわからず、一瞬「掲載記事はまさか『主婦合コン 心の隙間埋める』なのかっ?」と焦ってしまいましたとさ。

|

« MOVIE 「誰も知らない Nobody Knows」 | トップページ | BOOK 「1ポンドの悲しみ」 石田衣良 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

主婦合コンの記事凄かったですね!
あの記事読んで、真に受けてる人達が結構多いような気がします。

「さて、僕も主婦と合コンしようかな!」
オイ!真に受けてるのはオレかよ!

ひとりボケ、ツッコミ失礼いたしました・・・

投稿: 29man | 2004/09/14 21:13

くりおねさん、こんにちは。

9/20号のAERA、読んでみたいなとは思うのですが…AERAって着眼点はいつも素晴らしいのに、記事の内容がものすごく表層的で頭に来ませんか?その「主婦の合コン」記事もそんな匂いが漂って…ま、いいか。

木村剛さんのblogは結構定期的に読んでます。私もハンサムさんにはメが無いので、29manさんを見るためだけに今回のAERAは買うかな…なんて、オバチャンギャグ、すつれーしましたm(__)m

投稿: kaku | 2004/09/15 21:00

>29manさん
「主婦合コン」、真に受ける人がここにいたとは(爆)
冗談はともかく、毎日120近くのブログに目を通しているというのにもびっくりしましたよ。さすがだわ。

>kakuさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。
確かにAERAの記事って、落としどころがイマイチなことが多く、見出し負けと言うか、羊頭狗肉と言うか、そんな気分になることがありますね。
でも今週号はぜひイケメンブロガー・29manさんを見てやって下さいませ。

投稿: くりおね | 2004/09/15 23:39

くりおねさん、この記事とはあんまり関係ないんですが、「主婦合コン」についてちと書いてみましたのでトラックバックさせていただきました。ダメだったら教えてくださいなっ。

投稿: kaku | 2004/09/16 19:43

>kakuさん
連想記事のトラックバック、ありがとうございます。もちろん歓迎です。
こういうのがブログの面白いところかな、なんて思っています。

投稿: くりおね | 2004/09/16 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/1429782

この記事へのトラックバック一覧です: AERAにブロガー登場・29manさん:

» 少子化と硬派の孤独 [Kakutail Lounge]
私メ、色々あげつらってきましたが、実は、近年の少子化傾向の直接的な原因は、労働環 [続きを読む]

受信: 2004/09/16 19:40

» ヲタク市場は才能を育てる場であって欲しい [McDMaster's Weblog]
木村さんのエントリ、きょうのコラムは、マニアックな消費者層が看過できなくなってきたという話です。 というか、今まで企業は「ワン・トゥ・ワン・マーケティング」と... [続きを読む]

受信: 2004/09/17 13:19

» カトラーのマスコミ原論[TrackBack Ranking] [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。日曜日は、トラックバックランキングにおけるそれ [続きを読む]

受信: 2004/09/19 11:46

« MOVIE 「誰も知らない Nobody Knows」 | トップページ | BOOK 「1ポンドの悲しみ」 石田衣良 »