« マトリックス・ピンポン | トップページ | 駒大苫小牧高校、夏の甲子園優勝 »

2004/08/20

「『月刊!木村剛』 編集会議」にて

8/16に開催された「『月刊!木村剛』 編集会議」に行ってきました。
出席者はゴー社長こと木村剛さん、コマツバラン卿((c)N@oさん)こと小松原営業部長、のりぴよさんこと尾花広報部長、それからインフォバーンの担当編集者・羽田さん、そして下記ブロガー&予備軍のみなさま。(順不同:MyAssetAllocationさん、Tinkle-Tinkleさん、いのっち日記さん、レビューのとらおさん、ミズタマのチチさん、「ひとこと」の江崎彰さん、「よみがえれ!バサラの精神」のキルゴア中佐さん、カトラーさん、「あ~、精進、精進・・・」のかずささん、そして予備軍お二人に私くりおね) 職業も年代も業界も様々の人たちが、「月刊!木村剛」のキーワードだけで集まりました。

自己紹介で「月刊!木村剛」への要望などみなさまお話ししていましたが、さすがに人それぞれ、様々です。
ブログを会社で読めないので冊子でまとめて読めるのはとてもありがたい、という意見や、サブカルではないれっきとした専門誌としてステータスを上げてほしい、議論の場として機能してほしい、本屋さんで見つからないのでちゃんと配本してほしい、次回は子育てネタを特集してほしい、ぜひ三谷ちず嬢との対談を実現してほしい、友人に「おもしろいよ」と勧められる内容にしてほしい、制度を変えなければ解決できない様々な問題に関する世論を盛り上げる媒体になってほしい、etc。

小松原さんには「背中に背負って一冊ずつ売り歩け」なんていう過激な意見も浴びせられ、大変ポジティブに困られていたと思います。

自己紹介後はそれぞれバラけて楽しく歓談。私は初めてお会いする方々と名刺交換したり、あこがれのカトラーさんのお隣に行っていろいろお話聞かせていただいたりしました。

面白かったのが、「脱サブカル」なんて話題が出る一方で、「週刊!木村剛」へのトラックバックのきっかけが「腐女子」だったのが3人もいたこと(そのうちの一人は私です)。そういうことでもないと、金融ネタではなかなかトラックバックできなかったですから。まあそんな私が今では公的年金タスクフォースのメンバーだったりする訳なので、人生どこでどうなるかまったくわかりません。

タスクフォースと言えば、カトラーさん、Tinkleさん、いのっちさん、とらおさんなどから「年金タスクフォースって今何やってるんですか?」と必ず質問されて、みなさん関心高いんだなー、と肌で感じると同時に、何をやっている、ということがなかなか伝わりにくいのかなあ、とちょっと反省。自分のブログではあまり書いていないもので。
皆さんから何か手伝えることがあればと思っているんだけど、と言っていただけて、とても心強く感じました。
直接メンバーとしてやっていただく他にも、皆さんのブログで「年金」や「タスクフォース」について記事を書いていただいて、それをタスクフォースのブログにトラックバックしていただくこと、エントリは起こさなくてもコメントを寄せていただくことなども大きな大きな「支援」になると思っています。

ま、タスクフォースの話はおいといて。

そんなこんなであっと言う間に二時間は過ぎ、いろんな意見が出ていたのでインフォバーンの羽田さんもまとめるの大変じゃないかなあ、と正直心配になるくらいの盛り上がりでした。第二号に会議の模様が掲載されるそうですが、一体どんな風になるのか、楽しみです。
こうやってブロガーみんなで「作っていく」って実感できる雑誌なんて、世の中そうそうないですよね。
一足飛びに理想の雑誌にはなるとは思っていませんが、少しずつでも「魅力的な雑誌」に近づけられるよう、できることがあれば引き続きご協力したいと思っています。

おまけ:
宴会開始前に木村さんと話している時。
「くりおねさんのページにあるあの写真、何?あれがくりおね?」と木村さん。

asahikawa6.jpg←こんなでかいクリオネはいませんw
これはプールで泳ぐシロクマ@旭山動物園 です。
(旭川市にある旭山動物園の「ほっきょくぐま館」では、泳ぐシロクマを至近距離で見れるのです)

cli_4.jpgクリオネはこちら→
オホーツク海にいる、「流氷の天使」と言われる生き物です。詳細はこちらのページをご参照ください。
私は網走にある「オホーツク流氷館」で本物を初めて見ました。

シロクマの写真は、プールで泳ぐ姿が愛らしく、色合いも好みなので使っている次第です。

|

« マトリックス・ピンポン | トップページ | 駒大苫小牧高校、夏の甲子園優勝 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ども、「レビューのとらお」のとらおです。
トラックバックありがとうございました!
飲み会、楽しかったですね。
また機会があれば、一緒に飲みましょう。

投稿: とらお | 2004/08/20 23:50

トラックバックありがとうございました。
楽しそうだったみたいですね。参加できなかったのが残念です。

>背中に背負って一冊ずつ売り歩け

過激ですね(笑
ちょっと、想像してしまいました。

投稿: ウエダ | 2004/08/21 15:04

>とらおさん
先日はどうもでした。
また次回の編集会議でお会いできるといいですね。

>ウエダさん
なかなか盛り上がった会でした。
次回はアルコール抜きでもいいんじゃないかな、なんて個人的に思っています。KFiの事務所あたりで。もしそういう機会があれば、ウエダさんもぜひいらして下さいませ。

投稿: くりおね | 2004/08/22 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『月刊!木村剛』 編集会議」にて:

» 編集会議に行ってまいりました [Tinkle-Tinkle]
 ひょっこりと、キムタケさんトコの月刊!木村剛編集会議(という名の飲み会)に参加してまいりました。 「わー、キムタケさんだ!生キムタケさんだ!間近にみると普通の... [続きを読む]

受信: 2004/08/20 18:26

» やっぱり野球オーストラリアに負けたか [楽園]
残念ながら負けてしまった。ソフトボールもそう 相手に翻弄されている。選手の実力はあるのに戦術・戦略で負けてしまっている。太平洋戦争の日本軍みたい。また現在の日... [続きを読む]

受信: 2004/08/25 19:23

« マトリックス・ピンポン | トップページ | 駒大苫小牧高校、夏の甲子園優勝 »