« 四国八十八箇所巡礼の旅 | トップページ | 「新選組!」AA »

2004/08/18

お詫び、それから。

17日に書いた記事「プレジデント特集「『不機嫌』女房、『無気力』わが子」の中で、「離婚」というとてもパーソナルで千差万別なことがらをとりあげ、“「いきなり離婚してほしいと言われた」と嘆く男性にならずに済むよう”ということを書いています。その結果、やむを得ず現在進行形でその渦中にいる方の苦しんでいるお気持ちへの配慮のない記事になっていることに、遅まきながら気がつきました。
大変申し訳ありませんでした。自分の無神経さを心から恥ずかしく思い、お詫び申し上げます。

もともとは「この時期にはいつもこの手の特集なんだよね」ということを書こうとしただけなのですが、書いていくうちにどこか自分の中にうっすらと蓄積していた一部の「無神経な男性」への被害者意識が増幅されて、気がついたらプレジデントの記事のつぎはぎを肯定するだけ、の文章をアップしていました。そういう自分が一番無神経だったということで、まったく、情けないです。

現在離婚という状態に直面している方を「あなたが悪い」なんて責めるつもりはまったくありません。でも、そういう読み方ができるのも事実です。
結婚がらみで一度大きくつまづいているくせに、どこまでやったら人の痛みに思いが至るようになるのか、と自分の愚かさを呪っています。

ここでそのつまづきを告白させていただくと、苦しさでは比較にはならないとは思いますが、実は私は一度婚約破棄を経験しています。もちろん破棄された方です。
なぜ破棄なのか、「一緒に生活できないと思った」という理由以外は相手はどうしても教えてくれませんでした。他に好きな人ができたわけではありません。自分の何がいけなかったのか、これからどうしていけばいいのか、まったく見えなくなってしまって、もがく時間をかなり長く過ごした記憶があります。
思い当たる理由を挙げては自分を責めて責めて、どうしてこんなことをしてしまったのか、どうしてこうできなかったのか、そんなことをぐるぐる考えて、堂々巡りになって。
困ったことに婚約というのは社会的なことなので、物品を介した手続きが多く、解消するために結納金を返して、指輪を返して、私が出していた式場の予約金を返してもらって、といったリバース作業のひとつひとつが弱った気持ちにますます鞭を打ちます。
あの時期は無茶をしました。たくさんの人を巻き込んで迷惑をかけました。そして、友人と過ごす時間で救われていました。

今の私がその時の自分にもし言えることがあるとすれば、あなたは、ひとりじゃないよ、ということでしょうか。あなたを大切に思う人たちはあなたのまわりにたくさんいるから、忘れないで、と。だから、過去の自分ができなかったことをもう責めないで、現在と未来の自分を大切にしてね、と。
そんな言葉も、その時の自分には聞く余裕はないかもしれませんが、それだけは伝えたいかな、と今は思います。

自分の話を勝手に書いてしまい申し訳ありません。お詫びをさせていただくと共に、思い出したことを書かせていただきました。

|

« 四国八十八箇所巡礼の旅 | トップページ | 「新選組!」AA »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

くりおねさん、こんばんわ。

> あなたは、ひとりじゃないよ、ということでしょうか。あなたを大切に思う人たちはあなたのまわりにたくさんいるから、忘れないで、と。だから、過去の自分ができなかったことをもう責めないで、現在と未来の自分を大切にしてね、と。

おっしゃるとおりですね。
私は「生かされている。」
忘れてはいけませんね。忘れません。

自分の話を勝手に書くのもブログだと思ってます。

無神経な部分が多々ある私ですが、
今後とも宜しくお願いします。m(_ _)m

投稿: 珠丸 | 2004/08/19 19:57

>珠丸さん
コメントありがとうございます。
そういえば珠丸さんは、以前九死に一生を得たことがあった、という主旨の記事をブログに書かれていたような記憶があります。
まさに、「生かされている」実感をされたんですね。
私もあと半日手術が遅かったら死んでいた、という過去がありますが、またそれは別の機会に。

そうそう、珠丸さんは「無神経」なんかじゃない、と思っています。こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

投稿: くりおね | 2004/08/19 23:19

くりおねさん、こんばんわ。

> 「無神経」なんかじゃない

と言っていただけて、嬉しいです。
でも、やっぱりどこか私は無神経なところがあります。
だから、「生かされてる」ことを忘れないのと同様、それを気をつけること、気づいたらすぐにそれを詫びることの出来る人間になりたいと思います。

なんというか、くりおねさんのこの記事、ものすごく色々思うところがあるんです。。。

おびただしく長くなりそうなので、また別の機会にしたいと思います。

有難うございました。

変なコメントですいませんでした。

投稿: 珠丸 | 2004/08/20 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お詫び、それから。:

« 四国八十八箇所巡礼の旅 | トップページ | 「新選組!」AA »