« 「そうだ、選挙、行こう」 by 大泉洋 | トップページ | 4991枚との格闘・序章 »

2004/07/06

日経流通新聞に「どうでしょう」

日経流通新聞のサイトトップに、なんと写真入りで「どうでしょう」が!

ブームの裏側:北海道テレビの深夜バラエティー「水どう」、全国で旋風

ロケ地巡りの若者が北海道に続々と押し寄せる「水どう」現象まで起きている。その人気の理由は。

「番組内で珍道中を繰り広げる鈴井貴之(右)と大泉洋」というキャプションで凱旋門前の二人の写真が。
手元のQJ52号によると、「ヨーロッパ21カ国完全制覇」の時だろうか。(ミスターの髪形が宇宙人ぽくってちょっとこわい・・・。)

日経よ!全国紙よ!業界紙とは言え。
やっぱテレ朝で放映が決まると、扱い違うんだなあ。

トップページは更新されてしまうと見れなくなるし、「その人気の理由は。」で切れているので、手元に置いておきたい方、続きが気になる方は駅の売店に急げ!(うちは夫が急いでいます)

追記
たった今夫が戻った。
おおっ!
最終面のど真ん中、面積一番たくさん使って、「『定石』破り珍道中新鮮」の見出しで紹介。
人気の最大の秘密をこの4点にまとめている。

1.顔より背中
2.ウソをつかない
3.ロケより編集に力
4.現場を知らない指揮官

「新鮮なリアリティー」「キー局によく見られる『有名タレントのだらだらトーク』とは正反対」そうなんだよ、そうなんだよ。
放映地区の拡大には「各地のファンがホームページを私的に立ち上げた影響も大きい」ということで、もしかしてわしらもほんのちょびっと貢献できたのかな?

うれしー(嬉野D)と藤やん(藤村D)も写真入りで登場。
いやあ、これって保存版だわあ。

|

« 「そうだ、選挙、行こう」 by 大泉洋 | トップページ | 4991枚との格闘・序章 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「続きが気になる方は駅の売店に急げ!(うちは夫が急いでいます)」とのことですが、気づいたのが遅く、もうすぐ1時。
残念ながら、私の場合、到底、駅の売店は間に合わないので、ひとまず、リンク先を見ました。
しかし、日経MJって、ちょっと前にCMやってましたが、普通は気に留めてないので、よく気づきましたね。
さすが!

投稿: masaru | 2004/07/07 01:03

>masaruさん
どうもです。
実はあのサイトを発見したのは夫です。
帰宅したら、「そうだ、今日いいもの見つけたんだよ」と言って教えてくれました。「あなたが喜ぶだろうな、と思って」って。もう大喜びですよ。グッジョブ!!>夫

投稿: くりおね | 2004/07/08 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日経流通新聞に「どうでしょう」:

« 「そうだ、選挙、行こう」 by 大泉洋 | トップページ | 4991枚との格闘・序章 »