« MOVIE 「69 sixtynine」 | トップページ | AERAに「『電車男』が本に」の文字が »

2004/07/26

ある日のひとりカラオケ・セットリスト

演劇部あがりのためか、ストレスがたまると声を出したくなる私は、時々ふらりと一人でカラオケに出かける。
休日の某日。猛暑の中何もする気が起きず、買い物に行く予定を変更してカラオケボックスに行った。

以下その時歌った曲名リスト及び個人的感想。

起きないあいつ」FAN TAN featuring Uncoloured
どうでしょうファンにはおなじみの大泉洋&佐藤重幸コンビのメジャーデビュー曲。
歌ってみるとかなり低い。キーを上げて再挑戦。気持ちよ~く歌わせていただく。うん、ファンのひいき目を除いてもいい曲だ。

ふれて未来を」スキマスイッチ
飛行機の中で聞いて気になっていた曲。いざ歌ってみると音域が広く往生する。リズムの雰囲気がKANの「愛は勝つ」のようだ。しかも歌詞のオチが・・・うーん。ファンの方には申し訳ないが個人的感想としては「とりあえずもういいか」という感じ。

本日のスープ」大泉洋 with STARDUST REVUE
気を取り直してあの曲を。やっぱりこれは名曲だ。メロディラインが美しく切なく、歌詞も風景が目に浮かぶ。気分はなりきり大泉洋。

「今が好き」谷村有美
最近のエントリで谷村有美のことを書いてから、久しぶりに歌ってみたかった曲。
高い、私にはキーが高すぎ!しかしキーを下げると可愛くなくなる・・・。人前では絶対歌えないな、こりゃ。
でもいい曲だ。いつだって今が一番いい、と思っている私のためにあるような曲だと勝手に思うことにする。

amanogawa」佐藤竹善
本当は佐藤竹善がカバーしたバージョンで歌いたいのだが、DAMではSOSバージョンしか入っていないので、やむなく妥協。
これを7月に歌わずしていつ歌う、という曲でして。

ここから何となくユーミンシリーズに入る。
「わき役でいいから」
「スラバヤ通りの妹」
この2曲は「水の中のASIAへ」という4曲入りミニアルバムに入っているのだが、とても好きな曲だ。夏の暑い時に聞く/歌うと気持ちよさもひとしお。余談だが、生まれて初めてのデートはユーミンのコンサートで、オープニングがこの「わき役でいいから」だった記憶がある。そういうせつない思い出もある曲。

「夕涼み」
暑かったんで、気分だけでも涼みたくて。ほぼオール裏声。ほっといて。

「FOCUS」
このサブタイトルが付いた軽井沢シンドロームのストーリーがあり、その時の表紙はメガネの薫さんがアップになって、とてもキレイだった。という理由で入れた曲。これもほぼオール裏声。テンポがゆっくりでメロディがたどりにくく、意外と難曲だった。

「雨に消えたジョガー」
Myelogenous Leukemia~、のところを歌いたいばかりに入れたのだが、不覚にもその後が涙で続かない。涙もろい人間はこの曲は入れてはイカンと実感。この曲が入っているアルバム「時のないホテル」は好きなんだが、ユーミンには珍しく重いテーマを感じる。

「カンナ8号線」
私の年代の婦女子には定番でしょう。

「夕闇にひとり」
昨晩お会いしましょう」続きだが、入れてはみたが気が乗らず、一番だけでやめてしまった。

「昔の彼に会うのなら」
これは季節が合ったせいか気持ちよく歌える。この曲で「飲茶」という言葉を覚えたような記憶あり。

「青春のリグレット」
ある意味かなりナルシスティックな曲だが、このぐらい思わないと失恋の傷は癒えないよなあ。

その後ヤイコに挑戦。
マーブル色の日」矢井田瞳
見事に玉砕。これは難しい・・・

ふと気が向いてオザケンなども。
「僕らが旅に出る理由」小沢健二
ボール・サイモンの「Call Me Al」「Late in the Evening」の前奏・間奏をもらってきたアレンジが好きなので。広がりがあって、いい曲だなあ。「LIFE」収録の曲はどれもこれも好きだ。

「シャ・ラ・ラ」サザンオールスターズ
本当はクリスマスの曲なのだが、ラジオでつじあやのがカバーしているのを耳にし、思わず入力。
ついつい男性パートは桑田佳祐、女性パートはハラ坊ちっくに歌ってしまう。のんびり、ほのぼのとした甘いラブソング。

そんなこんなであっと言う間にお時間となる。
あーすっきり。
また歌おう。

|

« MOVIE 「69 sixtynine」 | トップページ | AERAに「『電車男』が本に」の文字が »

「趣味」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

カラオケつながりで拝見したら、ぐっと来るタイトルが多数。
「夕涼み」が入っているアルバムは、中3の終わりごろから高校1年ぐらいまで、恋というものに思いをはせて聞いてたっけ。
卒業式の朝には、なぜか「真珠のピアス」を聞いて、お別れの場面に臨みました。

就職した後、社内不倫に負けて退職する先輩の前で、うっかり「真珠のピアス」を歌ったら、号泣された…。
その気まずい雰囲気のなか、僕と同い年の同僚が浜田省吾の「もうひとつの土曜日」を歌って慰めました。
その二人は今夫婦になっています。

投稿: ミズタマのチチ | 2004/08/04 12:39

チチさん、どもー。
そうですか、ぐっと来てくれましたか。
「夕涼み」が入っているのは「パール・ピアス」ですね。私も大好きです。まさに青春の思い出の一枚。
同僚さんとの思い出のお話、いいお話ですね。事実は小説より何とやら、と言うか。実はもともと好きだったとか?>同僚さん

投稿: くりおね | 2004/08/09 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/1054788

この記事へのトラックバック一覧です: ある日のひとりカラオケ・セットリスト:

» ひとりカラオケ(略して"とりカラ") [伊吹雅也とビールを飲もうじゃないか]
『ゆみなり日記(試運転)』 ラッキーセブンのストレスにきび >>現代病の1つともいわれる「ウツ病」とは違うけど、 >&... [続きを読む]

受信: 2004/09/27 04:57

» とりカラ アゲイン [伊吹雅也とビールを飲もうじゃないか]
エントリ「ひとりカラオケ(略して"とりカラ")」におきまして、同記事中で参考文献として挙げさせていただいた須藤ゆみ様、くりおね様よりコメントをいただきました。本... [続きを読む]

受信: 2004/10/05 04:06

» 軽井沢シンドローム [みなと。の晩酌。。。]
懐かし病に火がついちゃった。。 今では2世の「-SPROUT」が進行形。 耕平っ [続きを読む]

受信: 2005/01/24 06:02

« MOVIE 「69 sixtynine」 | トップページ | AERAに「『電車男』が本に」の文字が »