« マック社長はドラマー、そして | トップページ | 大泉洋 in 札幌銀行アルカカードCM »

2004/06/28

Altanative TOYAMA・新潟のはてな

私は新潟市の出身である。
幼少の頃は「新潟地震のあった場所」、学生の頃は「田中角栄」、最近はサッカーのアルビレックス新潟と北朝鮮関連がキーワードにされる、人口約53万人の地方中堅都市だ。(ちなみに本州の日本海側では最大の都市である。みなさん金沢の方が大きいと思われるようだが、金沢市の人口は45万人)

新潟は日本の中で位置的に中途半端なようで、ガスは「北陸ガス」、電気は「東北電力」、郵便は「信越郵政局」と、その都度いろんな区切りの中に入っている。
北陸という区分けで言うと、お隣富山とかなり近いように思われるが、実は新潟市から富山市までは新幹線と特急を乗り継いで約3時間以上かかる。東京までは2時間強、こちらに行く方がずっと近いし便がいいのだ。

そのお隣富山出身の有名人といえば、木村剛氏。「週刊!木村剛」で富山出身であることについて何度か触れていて、その中でも「富山県人とはどういう民族なのか?」というエントリの中で

大学入試で上京して上野駅に降り立ったときに、あまりの人の多さに仰天して、駅員さんに「今日、祭りなんけ?(富山弁で「今日はお祭りですか」を意味します)」と聞いてしまったくらいの田舎者でした

と言っている。この「今日、祭りなんけ?」が非常にツボに入ってしまい、いつか故郷ネタでエントリを書きたいと思っていた。

そのエントリで参考にされていた「Altanative TOYAMA」というサイトを見てみた。富山県人に焦点を当てながら、県民性を解説していて、なかなか凝った作りで面白い。
ここまでのボリュームのものはすぐにはできないが、まずはとりかかりとして、手元にある「新潟の?(はてな)」を参考にしながら、富山と比較しながら新潟ってこんなところ、ということを軽くご紹介したい。

この「新潟の?(はてな)」と言う本は、朝日新聞新潟支局編著のもので、全員他県出身の記者たちが県内を取材していて「はてな?」と思ったことを連載記事にしたところ好評だったため、一冊の本にまとめたというもの。「新潟もん」(新潟っ子)には当たり前のことが他県出身の方には不思議に見える、そのギャップと、あらためて「あれってそういうことだったのか」ということを知ることができて、読んでいてなかなか楽しめた。

まず、Altanative TOYAMAに「富山の女性は強烈なのである」とあり、木村氏のエントリにも「とにかく女性が強い」とある富山に対し、新潟はどうか。

「新潟は杉の木と男の子は育たない」という言葉がまことしやかにささやかれる。このフレーズは本当によく聞く。これは新潟市は砂地のため、杉は育ちにくいということと、女性が働き者だったためとかく頼りがちな男性たちを揶揄する言葉だったらしい。
県出身の有名人では、女優は樋口可南子、高木美保、鷲尾いさ子、和久井映見、漫画家の高橋留美子、魚喃(なななん)キリコ、アナウンサーでは桜井洋子、スポーツは中村真衣、歌手は小林幸子、評論家は斎藤美奈子など。
華やかなアイドル系と言うよりは、芯の強い実力派が揃っているようだ。
(参考サイト:新潟県出身の有名人!!-オールザッツ新潟県人-)

また、富山の県花、新潟の市花、どちらもチューリップ。
新潟も富山もチューリップで有名だが、球根は富山1位新潟2位で、切り花は新潟1位というデータがある。(2001年)
それから、富山と新潟は、お正月に食べる魚が大きく違う。富山以西は「ブリ」だが、新潟までは「鮭」なのだ。
総務省の家計調査でも、県庁所在地の中で富山市はブリの購入量が全国一位。新潟ではブリはあまり日常的な魚ではない。世界で初めて鮭の養殖に成功した村上市があるためか、鮭が身近な魚である。

大学進学率の話題も「新潟の?」に載っている。新潟県は全国35位。対する富山県は20位。新潟は私の頃は45位と言われていた時期もあるくらい元々大学進学率が低い。その代わり専門学校の進学率が高く、全国一位だ。早く手に職をつけたい、という意向と、地元志向ということが大きな理由らしい。ちなみにJ1アルビレックス新潟の運営母体「アルビレックス新潟」の池田社長はNSGという専門学校を中心とした学校法人グループの社長でもある。

書き出すときりがないので、今日のところはこのくらいで筆を置いておこう。
次回はもっとテーマを絞って故郷ネタを書いてみたい。


023461250000.jpg
※「今日はお祭りなんですか?」を新潟弁で言うとすると、「今日祭りらけ?」かな。

|

« マック社長はドラマー、そして | トップページ | 大泉洋 in 札幌銀行アルカカードCM »

「新潟」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私の出身地(富山)が出てきていたので思わず
書き込みに来ました。
「今日、祭りなんけ?」いいですねぇ、懐かしいです(^^;

「富山出身です」といっても、「あー薬のとこね」
ぐらいの反応しかないんですけどね(^^;
私も18年間過ごした故郷について少し考えてみようかな
とこの記事をみて思った次第です。

投稿: Riezo | 2004/06/28 21:43

>Riezoさん
コメントをありがとうございます。
富山のご出身なんですね。
以前の職場の後輩が砺波市出身で、独特のアクセントに「そうかあ、富山の言葉はこんな感じなのかあ」なんて思ってました。(地域差もあるかとは思いますが)


投稿: くりおね | 2004/06/30 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/856001

この記事へのトラックバック一覧です: Altanative TOYAMA・新潟のはてな:

« マック社長はドラマー、そして | トップページ | 大泉洋 in 札幌銀行アルカカードCM »