« 名古屋手羽先の名店「山ちゃん」東京進出 | トップページ | HTBメールマガジン「プチクッキー」 »

2004/05/23

三周目は「どうでしょうクラシック」

いつもお世話になっている「賽は投げられた」さんからの情報。

「うたばん」の大泉洋紹介ビデオで大々的に(他局ネットなのに)登場した「水曜どうでしょう」。
(ちなみにこのタイトルは「水曜ロードショー」をもとにしたものなので、発音する時のイントネーションはそれに準じること。うたばんではそこまではさすがにフォローしてきれなかったが)
地元北海道では2年の沈黙を破って新シリーズが5月26日から再開予定で、ファンの間でカウントダウンがされている状態だが、この「水どう」の再放送を「どうでしょうリターンズ」というタイトルで放映されているのは衆知の通り。
で、「リターンズ」が地元ではちょうどこのタイミングで終了してしまうようなのだ。

番組公式ホームページには担当ディレクターがちょくちょくお知らせなどを書いているが、そこで藤村ディレクター曰く

木彫りの熊は常にシャケをくわえているが如く、富良野に行けば今も五郎さんの石の家があるが如く、水曜深夜は毎週大泉さんがボヤいてないと、北海道とは言えません。

ということで。

2004年夏。

 往年の「水曜どうでしょう」が、デジタル・マスタリングで蘇る!(嬉野先生・談)

 「水曜どうでしょう」~「どうでしょうリターンズ」に続き!

 ついに道内はどうでしょう3周目に突入!

 その名も!


 「どうでしょうクラシック」!

放送開始は、「最新作」が終わり次第すぐ翌週から!もちろん同じ時間で!


北海道限定発売生ビール・サッボロクラシックのようでいい感じのネーミング。

もう、「どうでしょう」のためだけに北海道移住したくなる今日この頃である。
次に北海道旅行する時は「どうで症への道のり」さんご提案の「4泊5日 番組制覇ツアー」のできる日程で、そしてテレビのお供はサッポロクラシックで決まり。

|

« 名古屋手羽先の名店「山ちゃん」東京進出 | トップページ | HTBメールマガジン「プチクッキー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/639715

この記事へのトラックバック一覧です: 三周目は「どうでしょうクラシック」:

« 名古屋手羽先の名店「山ちゃん」東京進出 | トップページ | HTBメールマガジン「プチクッキー」 »