« カラオケで「本日のスープ」&pause入手 | トップページ | とうとう木村剛本を購入 »

2004/05/05

BOOK 「酒は風―『亀の翁』をつくる人びと」

新潟ではゴールデンウイークにだいたい田植えが一通り終わる。
今頃はほとんどの田んぼに水が張られ、細い苗がそよそよと風に揺られているはずである。

この頃になると読みたくなる一冊が、「酒は風―『亀の翁』をつくる人びと」だ。

夏子の酒」のモデルとなった、新潟県和島村(合併で「良寛町」になる予定*注:その後合併はなくなった)にある久須美酒造、そして幻の酒米「龍錦」のモデル「亀の尾」から造られる大吟醸「亀の翁」についての、写真と文章によるルポルタージュ。

青々とした稲の美しさ。酒のほとんどを占める、命となる澄んだ水。黙々と働く人達。
恵みの酒を醸すための美しい水と米を作るための、寡黙な営みを、写真は雄弁に語る。
普段は知ることのない、日本酒の作り手側の情景が伝わってくる、貴重な一冊。

酒は風―「亀の翁」をつくる人びと
首藤 和弘 英 愛子 英 伸三
大月書店 (1991/11)
売り上げランキング: 108503
おすすめ度の平均: 4.0
4 日本酒を醸すことの意味

|

« カラオケで「本日のスープ」&pause入手 | トップページ | とうとう木村剛本を購入 »

日本酒」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14483/543190

この記事へのトラックバック一覧です: BOOK 「酒は風―『亀の翁』をつくる人びと」:

« カラオケで「本日のスープ」&pause入手 | トップページ | とうとう木村剛本を購入 »