« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004/03/30

TV 「どうでしょうリターンズ」

やじうまWatchの記事でふと目に留まった、北海道テレビ放送の「水曜どうでしょう」。
「一度見始めると、シリーズの最後まで見ないと気が済まなくなる番組」なんてあおられるとますます気になり、再放送を各地ローカル局でやってることを発見。その名も「どうでしょう リターンズ」。我が家で見れるTVK(テレビ神奈川)では毎週火曜日23:00~23:30に放映されているという情報を確認し、さっそく見ましたが。

すばらしい。
こりゃはまるわ。

続きを読む "TV 「どうでしょうリターンズ」"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/03/28

「蝉しぐれ」追記

「蝉しぐれ」再放送は26日で終了。
ラスト、無言のままアップになる内野くんは、表情だけですべてを表現していて、さすがの演技力でした。

とてもいい作品だったので、ネットで検索したところ、こんなサイトを発見。

続きを読む "「蝉しぐれ」追記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/27

新町名は「良寛町」

新潟日報 NIIGATA NIPPO NEWSより

三島与板、出雲崎、和島三町村の合併法定協議会が26日、出雲崎町中央公民館で開かれ、新町名を「良寛町」と決めた。 [新潟日報 03月26日(金)]

新潟県のローカル紙「新潟日報」の記事ですが。
いや、たしかに、出雲崎は良寛記念館がありますよ。和島村は生誕の地がたしかありましたよ。
だからって、いくら共通項が「良寛」だからって、それを町名にするってのは、ちょっと、、、

続きを読む "新町名は「良寛町」 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/25

TVドラマ 「蝉しぐれ」

「エースをねらえ!」で宗方コーチを熱演した内野聖陽くんが出演した、NHKの時代劇「蝉しぐれ」がちょうど先週から再放送されているのを、夫が発見。すっかり内野ファンになった彼は毎日それを観るために急いで帰宅している始末。

続きを読む "TVドラマ 「蝉しぐれ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラグビー 東芝府中対神戸製鋼(日本選手権決勝)

まずは、優勝おめでとうございます>東芝府中
日本協会のホームページ

実に5年ぶりなんですねー。あの3連破時代、村田亙がいてマコーミックがいて、現監督の薫田が現役フッカーでマンガ走りしていて、今まだ現役のジョンこと松田が相変わらずカウンターアタックしていたあの時から、もう5年。

続きを読む "ラグビー 東芝府中対神戸製鋼(日本選手権決勝)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大反響>「僕と彼女と彼女の生きる道」

ココログナビの「映画・テレビ」カテゴリの新着情報で、かなりの数のタイトルが(含む自分(笑))このドラマ。やっぱりたくさんの人に愛されていた作品なんだなあ、とうれしくなります。

数々の感想の中で、「くじら」さんの「みんなそれぞれの生きる道」が特にすてきだと感じましたので、トラックバックさせていただきます。
「くりおね」と「くじら」で海つながり、ということで。←強引

続きを読む "大反響>「僕と彼女と彼女の生きる道」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/24

TVドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」最終回

泣いても笑っても今日が最終回。もちろん帰宅してオンタイムで視聴。
ああ、もう凛ちゃんに会えないんだなあ。さみしいなあ。と本気で感じてしまうくらい、物語の世界に入り込んでしまっておりました。

観る前は、神戸に行く前に凛ちゃんが脱走して徹朗パパのところに行き、加奈子ママはあきらめる、、、てなストーリーを願望として考えていたけど、終わってみればこれはこれでいい結末かな、とそれなりに納得している自分がいました。

続きを読む "TVドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」最終回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/22

MOVIE 「ラブ・アクチュアリー」

「ノッティングヒルの恋人」の脚本家の初監督作品と聞き、いそいそと出かける。

とてもラブリーな作品。特に音楽の使い方がとてもツボに来た。
結婚式の「All You need is love」(パフォーマンスもたまらなくgood!)、意外な場面で流れるベイシティローラーズ、めちゃくちゃかっこいい「恋人たちのクリスマス」、ラストの「God only knows」などなど。

続きを読む "MOVIE 「ラブ・アクチュアリー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »